iMovie for iOS (iPhone, iPod touch): プロジェクトをMac用のiMovieやFinal Cut Pro Xに送信する

プロジェクトをMac用のiMovieやFinal Cut Pro Xに送信する

iOS用のiMovieプロジェクトをコンピュータに転送して、Mac用のiMovieまたはFinal Cut Pro Xで編集できます。プロジェクトをMac用のiMovieに転送するには、Mac用のiMovieのバージョンが10.1.11以降である必要があります。プロジェクトをFinal Cut Pro Xに転送するには、Final Cut Proバージョン10.4.6以降が必要です。

iOS用のiMovieプロジェクトを書き出すと、プロジェクトとそのプロジェクトで使われているメディアは、簡単にコピー、転送、またはアーカイブできる単一ファイルとして保存されます。

  1. プロジェクトブラウザで、送信したいプロジェクトをタップします。

  2. プロジェクトの詳細画面で、「送信」ボタン をタップしてから、以下のいずれかのオプションをタップします:

    • AirDrop: AirDropを使って近くにあるMacにワイヤレスで送信します。

    • iTunes: iTunesとUSBケーブル接続を使ってMacにファイルを転送します。

    • iCloud Drive: ファイルをiCloud Driveに保存してMacで取得します。

    これらのそれぞれの方法について詳しくは、ほかのデバイスまたはアプリケーションに送信するを参照してください。

  3. 確認を求められたら、「ビデオファイル」オプションではなく、「iMovieプロジェクト」オプションを選択します。

  4. プロジェクトファイルのコピーが終了したら、Mac上でそのファイルを見つけます。

    デフォルトでは、AirDrop転送は「ダウンロード」フォルダに表示されます。iCloud Driveに送信されたプロジェクトは、iCloud Driveの「iMovie」フォルダに表示されます。

  5. 以下のいずれかの操作を行います:

    • Mac用のiMovieでプロジェクトを開く: MacでiOS用のiMovieプロジェクトファイルをダブルクリックします。

      重要:この手順にはMac 10.1以降用のiMovieが必要です。

      Mac用のiMovieでプロジェクトを開いたとき、編集上の決定、リタイミングの変更、エフェクト、フィルタ、タイトル、および選択したテーマ音楽はすべてプロジェクト内に保持されています。

    • Mac用のFinal Cut Proでプロジェクトを開く: Final Cut Proを開き、「ファイル」>「読み込む」>「iMovie iOSプロジェクト」と選択します。表示されるウインドウでiMovie iOSプロジェクトファイルを保存した場所に移動し、ファイルを選択して「読み込む」をクリックします。

      注記:予告編プロジェクトがFinal Cut Proで使用できるムービープロジェクトに自動的に変換されます。予告編に空のイメージウェルがある場合は、それらのシーンがプレースホルダクリップに置き換えられます。

Mac用のiMovieの使いかたについて詳しくは、iMovieヘルプを参照してください。

Final Cut Proの使いかたについて詳しくは、Final Cut Proヘルプを参照してください。

公開日: 2019/08/23
役に立ちましたか?