MacのためのGarageBand: Smart Control の概要

Smart Control の概要

Smart Control を使うと、オンスクリーンコントロールを操作して、選択したトラックのサウンドを制御できます。ソフトウェア音源トラックのソフトウェア音源と、オーディオトラック、ソフトウェア音源トラック、または Drummer トラックのエフェクトの両方を制御できます。

Smart Control にはそれぞれスクリーンコントロールが表示されます。1 つのスクリーンコントロールを調整することで、サウンドの 1 つ以上の要素を変更できます。スクリーンコントロールには、何を操作するためのコントロールであるかを示すラベルが付いています。

Smart Control には通常、EQ またはトーンコントロール、リバーブやその他のエフェクトコントロール、および現在のトラックまたは音源のタイプに固有のコントロールが含まれます。たとえば、シンセサイザー用の Smart Control には、波形選択や、レゾナンスとフィルタカットオフ調整のためのスクリーンコントロールが含まれることもあります。また、弦楽器用の Smart Control には、アーティキュレーション変更用のコントロールが含まれることがあります。

ソフトウェア音源の録音中は、スクリーンコントロールの動きも記録されます。この記録はピアノ・ロール・エディタで編集できます。詳しくは、ピアノ・ロール・エディタでオートメーションを使うを参照してください。

Smart Control パネルではプラグインの追加、並べ替え、編集も行えます。これにはコンピュータにインストールされている Audio Units プラグインも含まれます。

Touch Bar が搭載されている Mac の場合、Touch Bar を使用して、選択したトラックのスクリーンコントロールを調整できます。

図。Smart Control パネルに表示されたスクリーンコントロールとメニューバー

Smart Control パネルを開く

  • トラックを選択してから、コントロールバーの「Smart Control」ボタン 「Smart Control」ボタン をクリックします。

オーディオトラックの場合は、録音設定を編集したり、チューナを開いたり、Amp Designer、Bass Amp Designer、および Pedalboard プラグインを開いたりできます。ソフトウェア音源トラックの場合は、キーボードの感度を設定したりアルペジエータを使用したりできます。

ソフトウェア音源パッチでの Smart Control の使いかたについて詳しくは、音源の Smart Controlを参照してください。

エフェクトの使いかたについては、エフェクトプラグインを追加する/編集するを参照してください。

EQ エフェクトの使いかたについて詳しくは、EQ エフェクトを使うを参照してください。

Amp Designer、Bass Amp Designer、および Pedalboard について詳しくは、アンプとペダルの概要を参照してください。

アルペジエータの使いかたについて詳しくは、アルペジエータを使うを参照してください。

入力ソースの設定およびオーディオトラックのモニタリングをオンにする方法については、マイクを接続するおよびエレクトリックギターを接続するを参照してください。

キーボードの感度について詳しくは、ソフトウェア音源を再生するを参照してください。

公開日: 2019/08/29
役に立ちましたか?