MacのためのGarageBand: ベース・アンプ・エフェクトを使う

ベース・アンプ・エフェクトを使う

Bass Amp Designer には、トーンを作り上げるための複数の EQ タイプと、エレクトリックベースに合わせて最適化された専用のコンプレッサーがあります。Bass Amp Designer は、アンプモデル EQ のコントロールに加え、グラフィック EQ またはパラメトリック EQ も備えています。

図。EQ と Compressor のコントロールが表示された Bass Amp Designer。

ベースアンプの EQ コントロールを調整する

EQ セクションには、より多くの包括的な EQ ユニットがあります。これらの EQ ユニットは、Bass Amp Designer でエミュレートされている 3 つのオリジナルのベースアンプに搭載されていて、以下の設定があります:

  • EQ のオン/オフスイッチ:EQ(トーンコントロール)のオン/オフを切り替えます。

  • 「Bass」ノブ、「Mids」ノブ、「Treble」ノブ:EQ の周波数域を調整します。実物のアンプにあるトーンコントロールのノブに似ています。

  • 「Low」スイッチ:トーンと「Bass」EQ ノブの動作に作用する 2 つの位置を切り替えます。

  • 1-2-3 スイッチ:トーンと「Mids」EQ ノブの動作に作用する 3 つの位置を切り替えます。

  • 「High」スイッチ:トーンと「Treble」EQ ノブの動作に作用する 2 つの位置を切り替えます。

ベースアンプのコンプレッサーコントロールを調整する

コンプレッサーは、圧縮によって生じる可能性のある音量低下を補正するための AutoGain 機能を特徴とし、以下の設定があります:

  • Compressor の「On/Off」スイッチ:Compressor のオン/オフを切り替えます。

  • 「Hard/Soft」スイッチ:2 種類のコンプレッサーを切り替えます。

    • hard:レベルを詳細に制御できる、強い圧縮です。より簡単にベースをアレンジになじませることができます。

    • Soft:アタックが遅くサスティンが長い圧縮です。

  • 「Comp」(Compression)ノブ:入力信号に適用する圧縮の度合いを設定します。

  • 「Gain」ノブ:内部の「AutoGain」機能のゲインステージに対し、ゲインを加算または減算します。

    注記: 「AutoGain」は常に有効です。

グラフィック EQ コントロールを調整する

Bass Amp Designer には、追加のグラフィック EQ またはパラメトリック EQ が備わっています。これらを表示するには、「Master」ノブの上にある「EQ」スイッチを使います。グラフィック EQ には以下の設定があります:

  • 「EQ」表示スイッチ:グラフィック EQ またはパラメトリック EQ の表示/非表示を切り替えます。

  • 「Type」スイッチ:上の位置をクリックすると、グラフィック EQ が選択されます。下の位置をクリックすると、パラメトリック EQ が選択されます。

    2 つのタイプを切り替えたり追加の EQ をオフにしたりしても、グラフィック EQ とパラメトリック EQ のパラメータ設定は維持されます。これにより、A/B 比較をすばやく行うことができます。

  • 「Pre/Post」スイッチ:追加の EQ を信号パス内でコンプレッサーモジュールの前(Pre)と後(Post)のどちらに挿入するかを選択します。

    注記: このパラメータは「Compressor」がオンになっている場合にのみ適用されます。

  • 周波数スライダ:各周波数帯域をブーストまたはカットする量を設定します。

パラメトリック EQ コントロールを調整する

グラフィック EQ を開いた後、「Type」スイッチをクリックしてパラメトリック EQ に切り替えることができます。パラメトリック EQ には以下の設定があります:

  • 「Type」スイッチ:上の位置をクリックすると、グラフィック EQ が選択されます。下の位置をクリックすると、パラメトリック EQ が選択されます。

    2 つのタイプを切り替えたり追加の EQ をオフにしたりしても、グラフィック EQ とパラメトリック EQ の設定は維持されるため、A/B 比較をすばやく行うことができます。

  • 「Pre/Post」スイッチ:クリックして、パラメトリック EQ を信号経路内でコンプレッサーの前(Pre)と後(Post)のどちらに挿入するかを指定します。

  • 「Gain」ノブ:「KHz」ノブで設定した周波数帯域に適用するカットまたはブーストの量を調整します。

  • 「KHz」ノブ:「Gain」ノブでカットまたはブーストする周波数帯域を設定します。

  • 「Q」ノブ:「KHz」ノブで設定した周波数を取り囲む帯域の幅を設定します。

    「Q」ノブの値を低くすると帯域が広くなり、影響を受ける周波数が増えます。「Q」ノブの値を高くすると帯域が狭くなり、「kHz」ノブで設定した周波数に最も近い周波数のみが影響を受けます。

公開日: 2019/11/20
役に立ちましたか?