MacのためのGarageBand: 「GarageBand」で Audio Units プラグインを使う

「GarageBand」で Audio Units プラグインを使う

GarageBand プロジェクトでは、Audio Units プラグインを使って新しいサウンドやエフェクトを追加できます。Audio Units の一部はコンピュータにインストールされている可能性があります。また、そのほかのソースからもさまざまなプラグインを入手できます。Audio Units プラグインは Apple 以外のさまざまなベンダーから購入でき、インターネット上で無料の Audio Units プラグインを見つけることもできます。

プロジェクトで使用できる Audio Units プラグインは 2 種類あります:

  • エフェクトプラグイン:リバーブ、コンプレッサー、ディレイなどの一般的なオーディオエフェクトと、そのほかに独特のエフェクトがあります。Audio Units エフェクトプラグインは、個々のトラックおよびマスタートラックで使用できます。

  • 音源プラグイン:ピアノ、オルガン、シンセサイザーなどの音楽用キーボードと、そのほかの音源があります。Audio Units 音源プラグインは、ソフトウェア音源トラックのみで使用できます。

「プラグイン」領域で Audio Units プラグインをトラック(マスタートラックを含む)に追加します。Audio Units プラグインは、「GarageBand」に同梱されているプラグインと同じ方法で、オン/オフを切り替えたり、変更したり、設定を編集したり、削除したりできます。詳しくは、エフェクトプラグインを追加する/編集するを参照してください。

Audio Units エフェクトプラグインを追加する

  • 「プラグイン」領域で、空のプラグインスロットをクリックし、エフェクトのカテゴリを選択して、「Audio Units」サブメニューからプラグインを選択します。

    プラグインウインドウが開き、プラグインのコントロールが表示されます。

    図。「プラグイン」領域の「Audio Units」ポップアップメニューから Audio Units プラグインを選択しています。

Audio Units 音源プラグインをソフトウェア音源トラックに追加する

  • 「プラグイン」領域で、音源スロットをクリックし、「AU ジェネレータ」または「AU 音源」のいずれかを選択して、サブメニューからプラグインを選択します。

    プラグインウインドウが開き、プラグインのコントロールが表示されます。

Audio Units 音源プラグインを追加すると、元の音源プラグインが置き換えられます。「ライブラリ」にあるパッチを再度選択することで、元の音源プラグインに戻すことができます。

公開日: 2019/08/29
役に立ちましたか?