MacのためのGarageBand: エディタの概要

エディタの概要

録音、Apple Loops、および読み込んだオーディオファイルのリージョンをエディタで編集できます。エディタには、専用のルーラ、再生ヘッド、グリッドが用意されています。可能な編集の種類は、リージョンの種類によって異なります:

  • オーディオリージョン:オーディオ Apple Loops またはオーディオエディタで録音(青)から作成したオーディオリージョンは、分割、結合、名前の変更、およびトランスポーズすることができます。録音したオーディオとループをプロジェクトのテンポに合わせるかどうかを設定したり、チューニングを調整したり、タイミングを補正したりすることもできます。

  • MIDI リージョン:MIDI リージョンは、ピアノ・ロール・エディタで名前の変更、トランスポーズ、タイミングの補正、ノートやコントローラ情報の編集を行うことができます。MIDI リージョンは、スコアエディタで楽譜として表示および編集することもできます。

  • Drummer リージョン:Drummer エディタで、「ライブラリ」にあるドラムのジャンル、ドラマー、およびプリセットを選択したり、Drummer リージョン設定を編集してドラマーの演奏のさまざまな側面を制御したりできます。

  • オーディオファイル:読み込んだオーディオファイルから作成したリージョン(オレンジ色)は、オーディオエディタで分割、結合、および名前の変更をすることができます。

エディタには、トラック領域の特定のトラックの一部が顕微鏡のように拡大して表示されます。オーディオトラックの場合は、トラックのリージョンのオーディオ波形がオーディオエディタに表示されます。ソフトウェア音源トラックの場合、トラックのリージョンがピアノ・ロール・エディタではグラフィカルな表示で、スコアエディタでは楽譜形式で表示されます。Drummer トラックの場合は、「ライブラリ」にジャンル、ドラマー、およびプリセットが表示され、Drummer エディタに現在のリージョンの演奏パラメータが表示されます。

エディタは拡大/縮小スライダを使用して、トラック領域とは別に拡大/縮小できます。エディタのサイズを変更して、作業領域を広げることもできます。

エディタの縦方向のサイズを変更する

  • エディタ上部のバーを上下にドラッグします。

エディタを拡大/縮小する

  • エディタのメニューバーの右隅にある拡大/縮小スライダをドラッグします。

公開日: 2019/08/29
役に立ちましたか?