MacのためのGarageBand: ソフトウェア音源を再生する

ソフトウェア音源を再生する

ミュージックタイピングまたはオンスクリーンキーボードを使って、選択したソフトウェア音源を演奏できます。音楽用キーボードを使うこともできます。

キーボードによって「感度」はそれぞれ異なります。キーボードの感度により、ソフトウェア音源の最も高いベロシティレベルで音を出す場合に、キーをどれだけ強く押す必要があるかが変わります。音楽用キーボードでソフトウェア音源を演奏する場合、キーボードの感度を高くすると、弱いタッチで弾いても高いベロシティレベルが得られます。また、キーボードの感度を低くすると、高いベロシティレベルを得るために強いタッチで弾く必要があります。

Touch Bar が搭載されているデバイスの場合、選択したソフトウェア音源トラックのソフトウェア音源を「キーボード」画面を使って演奏したり、選択した Drummer トラックのドラムキットおよびパーカッション楽器を「ドラムパッド」画面を使って演奏したりすることができます。

ミュージックタイピングを使ってソフトウェア音源を再生する

  1. 「ウインドウ」>「ミュージックタイピングを表示」と選択します(または Command + K キーを押します)。

    「ミュージックタイピング」ウインドウが表示され、ノートの演奏とコントローラ情報の変更に使用されるキーの配列が示されます。

    図。「ミュージックタイピング」ウインドウ。
  2. 再生したいソフトウェア音源トラックを選択します。

  3. コンピュータキーボードのキーを使用して、ソフトウェア音源を再生します。ウインドウに表示されるほかのキーを使用して、以下の操作を実行できます:

    • オクターブ下または上に移動する:Z または X キーを押します。

    • ベロシティを下げる/上げる:C または V キーを押します。

    • モジュレーション(モジュレーションホイール)の値を変更する:4 〜 8 キーを押します。3 キーを押すとモジュレーションがオフになります。

    • 下または上にピッチベンドする:1 または 2 キーを押します。ピッチは、キーを押している間だけベンドします。

    • サスティンのオン/オフを切り替える:Tab キーを押します。この操作はサスティンペダルを使用するのと同じです。

演奏中は、演奏される音が「ミュージックタイピング」ウインドウでハイライト表示されます。

オンスクリーンキーボードを使ってソフトウェア音源を再生する

  1. 「ウインドウ」>「ミュージックタイピングを表示」と選択します(または Command + K キーを押します)。

    「ミュージックタイピング」ウインドウが開きます。ウインドウの左上の領域に、「ミュージックタイピング」ウインドウとオンスクリーンキーボードを切り替えるために使用できる 2 つのボタンがあります。

    図。「ミュージックタイピング」ウインドウ。
  2. ウインドウの左上領域の「キーボード」ボタンをクリックします。

    オンスクリーンキーボードが表示されます。

    図。オンスクリーンキーボード。
  3. オンスクリーンキーボードを演奏するには、キーボード上のノートをクリックします。

    プロジェクトの再生中にも停止時にもクリックできます。録音中にクリックして録音することもできます。キーボードの下の方でノートをクリックすると高いベロシティで再生され、上の方でクリックすると低いベロシティで再生されます。

  4. オンスクリーンキーボードの範囲を変更するには、以下のいずれかの操作を行います:

    図。オンスクリーンキーボード。
    • オーバービューの青い矩形をドラッグして、演奏したい範囲を囲みます。

    • オーバービューで青い矩形の外をクリックして、クリックした場所に矩形を移動します。

    • キーの左右にある小さい三角形をクリックして、範囲をオクターブ単位で上げ下げします。

キーボードの感度を調整する

  1. 使用するソフトウェア音源トラックを選択してから、コントロールバーの「Smart Control」ボタン 「Smart Control」ボタン をクリックします。

  2. 「キーボードの感度」セクションで、「キーボードの感度」スライダを左右にドラッグして感度を上げ下げします。

    図。Smart Control インスペクタの「キーボードの感度」スライダ。
公開日: 2019/08/29
役に立ちましたか?