MacのためのGarageBand: ドラマーの演奏を編集する

ドラマーの演奏を編集する

Drummer エディタにはこのほかにも、ドラマーの演奏スタイルに影響を与える多数の設定があります。これらの設定はプリセット領域の右側にあります。

図。Drummer エディタのパフォーマンスコントロール

演奏の複雑さや音量を編集したり、キットピースをミュートまたはミュート解除したり、パターンに含まれる楽器を選択したりできます。パーカッションアイコンを使って各種の楽器をオンにします。また、ドラムおよびパーカッションのピースのさまざまなバリエーションから選択できます。キックとスネアをハーフタイムまたはダブルタイムで演奏するように選択することもできます。

演奏の複雑さや音量を調整する

  • XY パッドでパックを別の位置にドラッグします。

    図。Drummer エディタの XY パッド

パックを右端に近付けるとサウンドの複雑さが増し、高く配置するとサウンドの再生音量が大きくなります。

ドラム楽器のパターンのバリエーションを選択する

  • 楽器を選択して、楽器の右側にあるスライダをドラッグするか数値を選択します。

    図。パターン・バリエーション・コントロールが表示された Drummer エディタ

    場合によっては、1 つのカテゴリから複数の楽器を選択できることもあります。

ドラムまたはパーカッション楽器をミュートする/ミュート解除する

図。Drummer エディタのミュートされたキットピースとミュート解除されたキットピース
  • ピースを演奏に含めるには:ピースをクリックして選択します(ミュートを解除します)。

  • ピースを演奏から除外するには:ピースをクリックして淡色表示にします(ミュートします)。

アコースティックドラムのキックとスネアのハーフタイムまたはダブルタイムバリエーションを使う

  • 「キックとスネア」スライダの右端にある「1/2」または「2x」を選択します。

    図。Drummer エディタの「1/2」と「2x」のタイムバリエーション

ブラシキットを使ってドラマーのスネアのブラシ奏法を調整する

スネアのブラシ奏法を用いるドラマーを使う場合には、「キックとスネア」スライダの下に「Brush Sweep」または「Brush Taps」チェックボックスが表示されます。「Brush Sweep」を選択すると、パーカッションフィルを思い起こさせる、ブラシで渦を巻くように打面を擦る奏法が可能になります。「Brush Taps」を選択すると、スネアをブラシで軽く叩く奏法が可能になります。

  • 「キックとスネア」スライダの左端の下から「Brush Sweep」または「Brush Taps」チェックボックスを選択します。

    図。「Brush Sweep」チェックボックス。

    注記: チェックボックスの名前には選択したドラマーが使うブラシ奏法が反映されます。たとえば、Austin を選択した場合は「Brush Taps」チェックボックスになります。Austin はブラシで叩く奏法を使うからです。一方、Tyrell を選択した場合は「Brush Sweep」チェックボックスになります。Tyrell はブラシで擦る奏法を使うからです。

    ドラマーは選択したブラシ奏法を使って演奏します。

その他の演奏設定を編集する

  • フィルの回数と長さを調整する:「フィル」ノブを上下にドラッグします。

    図。「フィル」ノブ

    鍵をクリックすると、プリセットやドラマーを切り替えてもフィル設定が変更されません。

  • 現在の演奏パターンのシャッフル感を調整する:「スウィング」ノブを上下にドラッグします。

    図。「スウィング」ノブ

    鍵をクリックすると、プリセットやドラマーを切り替えてもスウィング設定が変更されません。

  • スウィングのベースを 8 分音符にするか 16 分音符にするかを選択する:「8th」ボタンまたは「16th」ボタンをクリックします。

    図。「8th」ボタンと「16th」ボタン

Drummer エディタでの変更または選択内容は選択したリージョンにのみ影響し、トラック全体には影響しません。

公開日: 2019/08/29
役に立ちましたか?