MacのためのGarageBand: オーディオエディタの概要

オーディオエディタの概要

オーディオエディタにはオーディオトラックの一部分がクローズアップ表示され、時間グリッドにトラックのリージョンのオーディオ波形が表示されます。

図。リージョンが選択されているオーディオエディタ。

オーディオエディタでは、オーディオリージョンの移動やトリム、分割や結合など、さまざまな方法でオーディオリージョンを編集できます。オーディオエディタをスクロールしたり拡大/縮小したり、オーディオリージョンの波形の振幅を拡大/縮小したりできます。オーディオエディタでの編集は非破壊的に行われます。このため、常に元の録音内容に戻ることができます。

オーディオエディタでは、オーディオ素材のピッチを補正することもできます。詳しくは、オーディオトラックのリージョンのピッチを補正するを参照してください。オーディオエディタで Flex Time を使用して、オーディオ素材のタイミングを編集することもできます。詳しくは、ノートとビートのタイミングを編集するを参照してください。

オーディオエディタを開く

以下のいずれかの操作を行います:

  • トラック領域でオーディオトラックを選択してから、「エディタ」ボタン 「エディタ」ボタン をクリックします。

  • トラック領域でオーディオトラックを選択してから、「表示」>「エディタを表示」と選択します。

  • オーディオリージョンをダブルクリックしてオーディオエディタで開きます。

オーディオエディタはトラック領域の下に開きます。オーディオエディタの上部には、時間区分を示すルーラと、Flex、キャッチ、および拡大/縮小のコントロールのあるメニューバーがあります。オーディオエディタのメイン領域には、選択したオーディオトラックのリージョンのオーディオ波形が表示されます。

オーディオエディタを縦方向にサイズ変更する

  • オーディオエディタ上部のバーにポインタを置き、上にドラッグします。

    下にドラッグすると、再びオーディオエディタが縮小します。

オーディオエディタを横方向に拡大/縮小する

  • オーディオエディタのメニューバーの拡大/縮小スライダを左右にドラッグします。

オーディオエディタを閉じる

  • コントロールバーの「エディタ」ボタン 「エディタ」ボタン をクリックします。

トラックが選択されている場合(かつ個々のリージョンが選択されていない場合)、オーディオエディタのインスペクタに次のコントロールが表示されます:

  • 「ピッチ補正」スライダ:トラック内のリージョンに適用するピッチ補正の量を指定します。

  • 「キーに限定」チェックボックス:ピッチ補正をプロジェクトキーのノートに限定します。

  • 「Flex を有効にする」チェックボックス:トラックの Flex 編集を入にします。

    図。オーディオエディタのインスペクタのトラックコントロール

1 つまたは複数のリージョンが選択されている場合、オーディオエディタのインスペクタ(波形の左)に次のコントロールが表示されます:

  • 「リージョン名」フィールド:選択したリージョンの名前を編集します。

  • 「タイムクオンタイズ」ポップアップメニュー(と「強さ」スライダ):選択したリージョン内のノート、ビート、およびその他のイベントのタイミングをクオンタイズします。

  • 「トランスポーズ」スライダ:選択したリージョンの音のピッチを変更します。

  • 「テンポとピッチに従う」チェックボックス:リージョンがプロジェクトのテンポとキーに従うかどうかを設定します。

    図。オーディオエディタのインスペクタのリージョンコントロール
公開日: 2019/08/29
役に立ちましたか?