MacのためのGarageBand: EQ コントロールを使う

EQ コントロールを使う

トーンコントロールの動作はアンプによって異なります。たとえば、2 つのモデルで、トレブルノブで操作できる周波数が異なっていたり、カットやブーストのレベルが異なっていたりということがあります。一部のイコライザ(EQ)セクションではギター信号がほかよりも増幅され、アンプでの歪ませかたに影響します。

Amp Designer には、こうした違いを反映した複数の EQ タイプが用意されています。すべての EQ タイプに同じコントロール(「Bass」、「Mids」、および「Treble」)がありますが、同じ EQ 設定でもアンプが異なれば結果も異なります。別のアンプ向けに設計された EQ タイプを選択すれば、トーンを大きく変えることも可能です。

図。Amp Designer の「EQ」ポップアップメニュー

EQ モデルを選択する

  • 「EQ」ポップアップメニュー:「EQ」または「CUSTOM EQ」という文字をクリックして、EQ タイプを選択します。EQ モデルごとに固有の音質があります。

    • British Bright:1960 年代のブリティッシュ・コンボ・アンプの EQ に着想を得ています。ラウドかつアグレッシブで、力強い高域を備えています。

    • Vintage:似た回路が使われていた「American Tweed」式アンプとビンテージのブリティッシュ・スタック・アンプの EQ レスポンスをエミュレートします。

    • U.S. Classic:「American Blackface」式アンプの EQ 回路を継承しています。「Vintage」EQ に比べて忠実度が高く、低域はよりタイトで高域は歯切れが良くなっています。

    • Modern:当時のロックやメタルのスタイルに合わせて、アグレッシブな高域と深みのある低域、削られた中域を作り上げる場合に便利です。

    • Boutique:「レトロモダン」なブティックアンプのトーンを再現しています。この EQ は、よりクリーンで明るいサウンドを求める場合に適しています。

トーンコントロールを調整する

  • 「Bass」ノブ、「Mids」ノブ、「Treble」ノブ:実際のギターアンプにあるトーンコントロールのノブと同じように使って、EQ 周波数範囲を調整します。これらのノブの動作と応答は、選択した EQ モデルによって変わります。

公開日: 2019/08/29
役に立ちましたか?