MacのためのGarageBand: ギターの入力ソースを選択する

ギターの入力ソースを選択する

ギターレッスンに沿って演奏する前に、「設定」ウインドウで、ギターの入力ソースを選択する必要があります。

ギターの入力ソースを選択する

  1. レッスンウインドウの右上隅にある「設定」をクリックします。

    図。「設定」ボタン
  2. ウインドウ上部にある「自分の入力デバイス」ポップアップメニューから、次のいずれかを選択します。

    図。「演奏方法を学ぶ」の「設定」ウインドウ
    • アコースティックギターを演奏していて、コンピュータの内蔵マイクを使っている場合は、「内蔵マイク」を選択します。

    • ギターがコンピュータのオーディオ入力ポートに接続されている場合は、「ライン入力」を選択します。

    • USB ポートに接続されているデバイスにギターをつなげる(または USB ポートに接続されているマイクを使って録音する)場合は、そのデバイスを選択します。

    • ギターがオーディオインターフェイスに接続されている場合、またはオーディオインターフェイスに接続されたマイクを使って録音する場合は、ギターが接続されているインターフェイスのチャンネル番号を選択します。

  3. 内蔵マイクまたは外部マイクを使用する場合は、フィードバックを回避するために、「モニタ」ポップアップメニューから「切」を選択してモニタを切にします。ヘッドフォンを使用する場合または音源を再生する場合は、「入」を選択します。

    「モニタ」ポップアップメニューから「入」を選択すると、不快なフィードバックが発生することがあります。フィードバックが発生する場合は、「切」を選択してください。

  4. 「入力レベル」スライダをドラッグして、ギターの入力音量を設定し、レベルメーター(スライダの上部にある細い水平のバー)を観察して、音量が大きすぎるためにクリップノイズ(歪み)が発生していないかどうかを確認します。

  5. 「設定」をもう一度クリックして、レッスンに戻ります。

公開日: 2019/08/29
役に立ちましたか?