MacのためのGarageBand: Drummer エディタの概要

Drummer エディタの概要

Drummer エディタでは、さまざまなプリセットを選択したり、ドラマーの演奏を編集したりできます。

図。さまざまな領域が表示されている Drummer エディタ。

「ライブラリ」で、ドラムのジャンルとドラマーを選択して、Drummer トラックのすべてのコンテンツにサウンドと演奏スタイルを適用できます。選択したドラマーのプリセットは、「ライブラリ」または Drummer エディタの左側から選択できます。プリセットを使うと、定義済みの、リージョンベースの Drummer エディタ設定をすばやく参照できます。この設定にはキットピースのパターンのバリエーションやフィルの設定も含まれます。

エディタの右側にはリージョンベースの設定があります。選択した Drummer リージョンの複雑さや音量などの側面に影響します。

Touch Bar が搭載されているデバイスの場合は、Smart Control 画面を使って Drummer パラメータを編集したり、ドラムパッド画面を使って選択したドラムキットおよびパーカッション楽器を演奏したりできます。

Drummer エディタを開く

以下のいずれかの操作を行います:

  • Drummer トラックで Drummer リージョンをダブルクリックします。

  • Drummer トラックで 1 つ以上の Drummer リージョンを選択し、コントロールバーの「エディタ」ボタン 「エディタ」ボタン をクリックします。

  • Drummer トラックを選択し、「エディタ」ボタン 「エディタ」ボタン をクリックします。

Drummer エディタはトラック領域の下に開きます。

公開日: 2019/08/29
役に立ちましたか?