MacのためのGarageBand: レッスンの演奏結果を表示する

レッスンの演奏結果を表示する

「GarageBand」のレッスンに含まれる「自分の演奏結果」機能では、どの音やコードを正しく演奏したか、またどの音やタイミングを間違えたかが示されます。「自分の演奏結果」は、レッスンの「Play」チャプタ全体にも、チャプタの一部にも使用できます。

図。レッスンの評価結果

楽譜領域に、演奏内容がさまざまな色で示されます:

  • 正しく演奏した音とコードは、演奏時に緑色で点滅します。

  • 間違った音の領域は赤で表示されます。ピアノのレッスンでも、間違った音は赤で表示されます。

  • 演奏のタイミングがずれた領域は黄色で表示されます。ピアノのレッスンでも、タイミングがずれた音は黄色で表示されます。

演奏中はコントロールバー上部の行に、正しく演奏した領域が緑色で、音を間違えた領域が赤色で、タイミングのずれた領域が薄緑色で、それぞれ表示されます。

レッスンウインドウの左下隅にあるパフォーマンスメーターに、最後の 4 小節をどの程度正確に演奏したかが示されます。演奏が正確になればなるほど、パフォーマンスメーターのリングが緑色で表示される数が多くなります。音を間違えたり、タイミングがずれたりしていると、外側のリングが赤くなります。パフォーマンスメーターの横の数字は、レッスンで正確に演奏した音の全体的な割合(パーセント)を示します。

図。「演奏方法を学ぶ」のパフォーマンスメーター

演奏が終了したら、レッスンで問題があった部分を確認して練習できます。コントロールバーの上の行で、ある領域をクリックして、レッスンのその部分の演奏結果をすばやく確認できます。また、レッスンの練習中に自分のミスを隠したり、「自分の演奏結果」の演奏をミュートしたりできます。

コントロールバーの上にあるナビゲーション行をクリックするか、楽譜表示でミスを含む領域を選択して、レッスンのその部分を練習できます。楽譜内でミスを含む領域をクリックすると、サイクルリージョンが入になり、ミスを含むセクションにサイクルリージョンが設定されます。

注記: 演奏を始める前に、ギターのチューニングが合っていることを確認してください。チューニングのずれた音またはコードはミスと見なされます。エレクトリックギターを演奏する場合には、クリップノイズが発生するほどギターの音量が大きくないことも確認してください。クリップノイズの発生した音はミスと見なされます。

「自分の演奏結果」の使用を開始する

  1. 「Play」チャプタを実行していない場合は、ポインタをビデオ領域の左側の部分に置いて「Play」をクリックします。

  2. コントロールバーの録音ボタン(赤い丸)をクリックします。

    図。録音ボタン
  3. カウントインしてから、再生を開始します。

「自分の演奏結果」の使用を停止する

  • コントロールバーの再生ボタン(右向きの三角形)をクリックします。

    図。再生ボタン

演奏の一部を確認する

  • 以下のいずれかの操作を行います:

    • 演奏の特定の部分に移動するには、コントロールバーの上にあるナビゲーション行で、その領域をクリックします。

      図。「演奏方法を学ぶ」の評価行
    • 楽譜領域で、確認したいポイントをクリックします。赤いバーは音を間違えた領域を示し、黄色のバーはタイミングがずれた領域を示します。

ミスを隠して演奏をミュートする

  • レッスンウインドウの右下隅にある「演奏結果」ボタンをクリックします。

    「演奏結果」を切にすると、「自分の演奏結果」の演奏がミュートされ、楽譜領域およびコントロールバーの上の行からミスが隠されます。

    ミスを表示して演奏のミュートを解除するには、「演奏結果」ボタンをもう一度クリックします。

公開日: 2019/11/20
役に立ちましたか?