MacのためのGarageBand: トラックを楽譜として表示する

トラックを楽譜として表示する

スコアエディタには、ソフトウェア音源トラックの MIDI リージョンが、音符、休符、キー、拍子、音部記号を含む楽譜として表示されます。小節線は小節の区切りを示します。連続した譜表を表示するために、リージョン間のギャップが埋められます。

スコアエディタにトラックを表示する

以下のいずれかの操作を行います:

  • ソフトウェア音源トラックのヘッダをクリックし、コントロールバーの「エディタ」ボタンをクリックしてから、「スコア」をクリックします(または、N キーを押します)。

  • トラックのヘッダをクリックし、「表示」>「エディタを表示」と選択してから、「スコア」をクリックします。

    図。スコアエディタの楽譜

1 つまたは複数のリージョンが選択されている場合、スコアエディタのインスペクタ(スコアディスプレイの左)に次のコントロールが表示されます:

  • 「リージョン名」フィールド:選択したリージョンの名前を編集します。

  • 「タイムクオンタイズ」ポップアップメニュー(と「強さ」スライダ):選択したリージョンの音のタイミングをクオンタイズします。

  • 「トランスポーズ」スライダ:選択したリージョンの音のピッチを変更します。

    図。リージョンモードのスコアエディタのインスペクタのコントロール

リージョン内の個々の音が選択されている場合、スコアエディタのインスペクタに次のコントロールが表示されます:

  • 「挿入」ポップアップメニュー:挿入する音の音価を選択します。

  • 「クオンタイズ」ポップアップメニュー:選択した音のタイミングをクオンタイズします。

  • 「ベロシティ」スライダ:選択した音のベロシティ値を変更します。

    図。音符モードのスコアエディタのインスペクタのコントロール

スコアエディタのメニューバーには「グリッド」ポップアップメニューも表示され、タイムクオンタイズの値とは別にスコアエディタ内の音の視覚的なクオンタイズを設定できます。

公開日: 2019/08/29
役に立ちましたか?