MacのためのGarageBand: プロジェクトの概要

プロジェクトの概要

「GarageBand」の作業は、新規プロジェクトを作成するか既存のプロジェクトを開くことで始めます。プロジェクトは、すべての録音データ、追加したメディアファイルの場所、これまでに行った変更内容が記録された書類です。プロジェクトはそれぞれ、テンポ、拍子、キーなどの一連のプロパティを持ちます。これらはプロジェクトの作成時に定義でき、後で作業中に変更することもできます。

GarageBand プロジェクトの作成、保存、削除方法については、プロジェクトを作成する/保存する/削除するを参照してください。

GarageBand プロジェクトの基本要素には、トラックリージョンパッチがあります。

トラック

トラック領域内の横方向に走る列は、トラックと呼ばれます。トラックを利用することで、プロジェクト内の録音、ループ、その他の素材のサウンドを簡単に操作したり管理したりできます。演奏はトラックに録音し、プロジェクトで録音、ループ、その他の素材を表すリージョンのアレンジはトラック上で行います。GarageBand プロジェクトで使用できるトラックには、いくつかのタイプがあります:

図。トラック領域のさまざまなトラックタイプ。
  • オーディオトラック:オーディオ録音、オーディオ Apple Loops、および読み込んだオーディオファイルを含めることができます。

  • ソフトウェア音源トラック:録音したソフトウェア音源、ソフトウェア音源 Apple Loops、および読み込んだ MIDI ファイルを含めることができます。

  • Drummer トラック:Drummer リージョンを含めることができます。Drummer エディタと共に使用します。

これらのほかに、プロジェクト全体をコントロールするためのトラックとして、マスタートラック、「アレンジメント」トラック、「テンポ」トラック、「トランスポーズ」トラック、「ムービー」トラックなどもあります。

トラックの操作について詳しくは、トラックの概要を参照してください。トラック領域でリージョンをアレンジする方法については、アレンジの概要を参照してください。

リージョン

リージョンは、プロジェクトの基本的な構成要素です。録音するか、Apple Loop をトラック領域にドラッグするか、メディアファイルをプロジェクトに追加すると、録音またはファイルを表すリージョンがトラック領域に作成されます。

リージョンは角の丸い長方形としてトラック領域に表示されます。リージョンのタイプごとに、トラックのタイプが異なります。

図。トラック領域のさまざまなリージョンタイプ。
  • オーディオリージョン:オーディオ録音、オーディオ Apple Loops、および読み込んだオーディオファイルを含めることができます。トラック領域またはオーディオエディタでリージョンを編集しても、元のオーディオファイルは変更されません。

  • MIDI リージョン:MIDI ノートやその他の MIDI データ(コントローラ情報など)を含めることができます。それらはプロジェクトの一部として保存されますが、個別のファイルとして保存することもできます。

  • Drummer リージョン:MIDI リージョンと似ていますが、このリージョンは自動的に作成されます。

トラック領域では、リージョンをさまざまな方法で移動、コピー、および操作して、アレンジメントを作成できます。また、オーディオリージョンはオーディオエディタで、MIDI リージョンはピアノ・ロール・エディタとスコアエディタで、Drummer リージョンは Drummer エディタで編集することもできます。

リージョンの操作方法について詳しくは、リージョンとはを参照してください。トラック領域のリージョンについて詳しくは、アレンジの概要を参照してください。

オーディオリージョンの編集方法については、オーディオエディタの概要を参照してください。MIDI リージョンの編集方法については、ピアノ・ロール・エディタの概要を参照してください。Drummer リージョンの編集方法については、Drummer エディタの概要を参照してください。

パッチ

パッチを使用して、プロジェクト内のトラックのサウンドを制御できます。トラックの作成時に「ライブラリ」でパッチを選択できます。また、後で作業中に別のパッチを選択したり、カスタムパッチを「ライブラリ」に保存したりすることもできます。

パッチの操作について詳しくは、パッチの概要を参照してください。

公開日: 2019/11/20
役に立ちましたか?