MacのためのGarageBand: トラックの概要

トラックの概要

トラックを利用することで、プロジェクト内の録音などの素材のサウンドを簡単に操作したり管理したりできます。トラックのオーディオリージョンと MIDI リージョンの録音とアレンジはトラック領域で行います。

図。さまざまなトラックのタイプが表示されたトラック領域

GarageBand プロジェクトには以下のトラックタイプを追加できます:

  • オーディオトラック:オーディオ録音、オーディオ Apple Loops、および読み込んだオーディオファイルによるオーディオリージョンが含まれます。

  • ソフトウェア音源トラック:録音したソフトウェア音源、ソフトウェア音源 Apple Loops、および読み込んだ MIDI ファイルによる MIDI リージョンが含まれます。

  • Drummer トラック:ソフトウェア音源トラックとほぼ同じですが、このトラックは自動的に作成されます。詳しくは、Drummer エディタの概要を参照してください。

各トラックの左側にはトラックヘッダがあります。トラックヘッダにはトラックの名前とアイコンが表示されます。トラックヘッダには、トラックをミュートまたはソロにしたり、音量レベルやパン位置を調整したりなど、さまざまな方法でトラックを制御できるコントロールも備わっています。

トラックを作成するときには、トラックのタイプ、形式、出力を選択します。また、パッチの選択もできます。パッチはトラックのサウンドを制御します。

ほかに、プロジェクト全体をコントロールするためのトラック(マスタートラック、「アレンジメント」トラック、「テンポ」トラック、「トランスポーズ」トラックなど)もあります。詳しくは、グローバルな変更の概要を参照してください。

公開日: 2019/08/29
役に立ちましたか?