MacのためのGarageBand: アンプエフェクトを使う

アンプエフェクトを使う

エフェクトの設定にはリバーブ、トレモロ、ビブラートがあり、多くのアンプに見られるプロセッサをエミュレートしています。これらのコントロールは、ノブセクションの中央に並んでいます。

図。Amp Designer の「Reverb」メニューと「Trem」および「Vib」コントロール

注記: 信号経路内では、「Presence」および「Master」コントロールよりも前に位置するエフェクトセクションが、プリアンプされた(マスター前)信号を受け取ります。

リバーブコントロールを調整する

リバーブは、リバーブを備えていないアンプをベースにしたモデルであっても、Amp Designer では常に利用できます。リバーブは「On/Off」スイッチと「Level」ノブで操作します。「Reverb」ポップアップメニューはこれらのコントロールの上にあります。リバーブはトレモロまたはビブラートエフェクトのいずれかに追加することも、単独で使うこともできます。

  • 「On/Off」スイッチ:リバーブエフェクトのオン/オフを切り替えます。

  • 「Reverb」ポップアップメニュー:「Reverb」という文字をクリックしてポップアップメニューを開き、リバーブタイプを選択します。

  • 「Level」ノブ:プリアンプ処理された信号にかけるリバーブの量を設定します。

トレモロおよびビブラートコントロールを調整する

「Trem」(トレモロ)または「Vib」(ビブラート)のどちらかを選択できます。「Trem」ではサウンドの振幅または音量がモジュレートされ、「Vib」ではピッチがモジュレートされます。トレモロとビブラートは、エフェクトセクションにある数個のスイッチとノブで操作します。トレモロはサウンドの振幅または音量をモジュレートし、ビブラートはサウンドのピッチをモジュレートします。

  • 「On/Off」スイッチ:トレモロまたはビブラートエフェクトのオン/オフを切り替えます。

  • 「Trem/Vib」スイッチ:トレモロ(レベル)エフェクトまたはビブラート(ピッチ)エフェクトを選択します。

  • 「Depth」ノブ:トレモロエフェクトまたはビブラートエフェクトの強さを設定します。

  • 「Speed」ノブ:トレモロまたはビブラートの速度を設定します。低めに設定すると、滑らかで浮遊感のあるサウンドになります。高めに設定すると、回転翼の音のような効果を生み出します。

  • 「Sync/Free」スイッチ:「Sync」を選択すると、トレモロまたはビブラートの速度が GarageBand のテンポと同期します。「Free」を選択すると、「Speed」ノブで値を設定できます。「Free」モードでは、「Speed」ノブを使ってモジュレーションの速度をさまざまな小節、拍、および音価(8 分音符、16 分音符など。3 連符や付点音符も含まれます)に設定できます。

公開日: 2019/11/20
役に立ちましたか?