MacのためのGarageBand: ソフトウェア音源を録音する前に

ソフトウェア音源を録音する前に

「GarageBand」に内蔵されたソフトウェア音源を再生および録音する際には、USB キーボードまたは MIDI キーボードをコンピュータに接続できます。ソフトウェア音源トラックを追加して、サウンドを選択することも必要です。

サウンドは、ベース、ギター、オーケストラ、ピアノ、シンセサイザーなどのカテゴリに分類されます。これらのカテゴリからサウンドパッチを選択すると、Smart Control 領域がアップデートされ、選択したパッチのコントロールが表示されます。このコントロールを使用してサウンドを調整できます。Smart Control の概要を参照してください。

コンピュータにキーボードを接続する

以下のいずれかの操作を行います:

  • USB キーボードの場合は、USB ケーブルを使ってキーボードとコンピュータを接続します。

  • 標準 MIDI キーボードを使用する場合は、標準 MIDI ケーブルを使用してキーボードを MIDI インターフェイスに接続し、次に MIDI インターフェイスをコンピュータに接続します。

コンピュータへのドライバのインストールなどについては、必ずキーボードに付属のマニュアルに従ってください。最新のドライバソフトウェアについては、製造元の Web サイトで確認してください。MIDI インターフェイスを使っている場合は、必ず MIDI インターフェイスに付属のマニュアルに従ってください。

ソフトウェア音源トラックを追加してパッチを選択する

  1. 以下のいずれかの操作を行います:

    • 「トラック」>「新規トラック」と選択します。

    • トラックヘッダの上の「トラックを追加」ボタン 「トラックを追加」ボタン をクリックします。

  2. 「新規トラック」ダイアログで「ソフトウェア音源」を選択します。

  3. 「作成」をクリックします。

  4. ライブラリでは、左側のリストからパッチカテゴリを選択し、その後、右側のリストから使用したいパッチを選択します。

公開日: 2019/08/29
役に立ちましたか?