MacのためのGarageBand: 「GarageBand」のウインドウ

「GarageBand」のウインドウ

プロジェクトの作成と再生は、GarageBand ウインドウで行います。GarageBand ウインドウは、録音、アレンジ、編集などプロジェクトのさまざまな側面を集中的に操作できるいくつかの領域に分かれています。コントロールバーのボタンでは、アプリケーションの個々の領域を表示したり隠したりできます。

図。GarageBand ウインドウ。
図。コントロールバーのボタン。

GarageBand ウインドウの主な領域は以下の通りです:

  • トラック領域:オーディオリージョンや MIDI リージョンを録音したり、Apple Loops などのメディアファイルを追加したり、リージョンをアレンジしたりしてプロジェクトを作成する場所です。

  • コントロールバー:プロジェクトの再生を制御するためのトランスポートコントロール、「GarageBand」の各領域を表示したり隠したりするボタン、よく使用するその他のコマンドのボタンがあります。

  • ライブラリ:「ライブラリ」で新しいパッチを選択して、トラックのサウンドを変更できます。また、独自のカスタムパッチを保存することもできます。Drummer トラックでは、ドラマーおよびジャンルも選択できます。

  • クイックヘルプ:ポインタを重ねると、コントロールまたはアプリケーションのその他の部分に関する簡潔な説明が、クイックヘルプのフローティングウインドウに表示されます。多くの項目にはリンクが含まれていて、詳細なヘルプを参照できます。

  • Smart Control:現在のパッチのサウンドをすばやく変更するために使用できる、視覚的なコントロールだけを集めたものです。

  • エディタ:「GarageBand」は、オーディオエディタ、ピアノ・ロール・エディタ、スコアエディタ、Drummer エディタなどの一連のエディタを備えています。これらを使って、個々のリージョンやその内容に高い精度で変更を加えることができます。

  • ノートパッド:プロジェクトノートを作成、表示、および編集できるテキスト領域です。

  • ループブラウザ:付属の Apple Loops ライブラリにアクセスできます。ループを検索してプレビューし、プロジェクトに追加することができます。

  • メディアブラウザ:メディアブラウザから、オーディオファイルとムービーファイルを追加できます。

公開日: 2019/08/29
役に立ちましたか?