MacのためのGarageBand: 曲をディスクに書き出す

曲をディスクに書き出す

プロジェクトをステレオ形式のオーディオファイルとしてコンピュータに書き出すことができます。

書き出したファイルを「GarageBand」で再利用すれば、複数のリージョン、音源、エフェクトを置き換えたりバイパスしたりすることで処理リソースを節約できます。また、書き出したファイルは、ほかの音楽アプリケーションや機器で使用したり、インターネット(Web ページ、iTunes Store など)で公開したり、iTunes のプレイリストに追加したり、iPhone や iPad などのモバイルデバイスにアップロードしたりすることもできます。

曲をディスクに書き出す

  1. 「共有」>「曲をディスクに書き出し」と選択します。

  2. 書き出すファイルの名前を変更するには、「名前」フィールドで名前を選択して、新しい名前を入力します。

  3. 「場所」ポップアップメニューから、書き出すファイルの保存先を選択します。

  4. 書き出すファイルの形式(AAC、MP3、または AIFF)を選択します。

  5. 「音質」ポップアップメニューから、書き出すファイルの音質設定を選択します。

  6. プロジェクトのサイクル範囲内の部分のみ、またはプロジェクトの選択された領域で定義されている部分のみを書き出すには、「サイクル範囲のみ、または選択したリージョンの長さを書き出す」チェックボックスを選択します。

  7. 「書き出し」をクリックします。

プロジェクト全体(先頭から最後のリージョンの末尾まで)がオーディオファイルとして書き出されます。プロジェクトの先頭または末尾に無音部分があれば、トリムされます。「サイクル範囲のみ、または選択したリージョンの長さを書き出す」チェックボックスが選択されている場合は、プロジェクトのサイクル範囲の開始位置から終了位置までの部分のみ、または選択した領域で定義されている部分のみが書き出されます。

公開日: 2019/08/29
役に立ちましたか?