MacのためのGarageBand: 追加のソフトウェア音源テイクを録音する

追加のソフトウェア音源テイクを録音する

録音の際に、複数のバージョン(テイク)を短時間に続けて録音できます。後でテイク録音をプレビューして、プロジェクトで使いたいテイクを選択できます。

録音中に Smart Control 領域のノブやその他のコントロールを動かすと、その調整内容がリージョンベースのオートメーションとして記録されます。ピアノ・ロール・エディタでオートメーションを使用すると、後で Smart Control の記録を編集できます。

複数の MIDI テイクを録音する

  1. 「GarageBand」>「環境設定」と選択します。

  2. 「一般」環境設定で、「サイクルオン」ポップアップメニューから「テイクを作成」を選択します。

  3. ルーラの上部で左右にドラッグします。

    サイクル範囲はルーラに黄色の細長い領域として表示され、サイクルモードは自動的にオンになります。

    図。ルーラに黄色のサイクル範囲。
  4. コントロールバーの「録音」ボタン 「録音」ボタン をクリックして(または R キーを押して)、録音を開始します。

    定義したサイクル範囲の開始位置から録音が自動的に始まります。

  5. MIDI キーボード、「ミュージックタイピング」ウインドウ、オンスクリーンキーボードのいずれかを使って、ノートを再生します。希望のサイクル回数を録音します。

    注記: 録音中、前に録音したテイクは自動的にミュートされます。

  6. 録音を停止するには、コントロールバーの「停止」ボタン 「停止」ボタン をクリックします(またはスペースバーを押します)。

    選択したトラックには、閉じた状態のテイクフォルダが 1 つあり、その中に複数のテイクリージョンが格納されています。

公開日: 2019/08/29
役に立ちましたか?