MacのためのGarageBand: ルーラを使って項目を配置する

ルーラを使って項目を配置する

ルーラはトラック領域の上部に横方向に表示されます。ミュージックグリッドを使用するように設定されているプロジェクトでは、ルーラに小節と拍で時間形式が表示され、ミュージックグリッドを使用しないプロジェクトでは、ルーラに分と秒の標準の時間形式が表示されます。

図。トラック領域の上部のルーラ

プロジェクトの再生中に、トラック領域を動いていく再生ヘッドを見ると、現在再生されている部分を確認できます。トラック領域で再生ヘッドを移動したり、リージョンなどの項目を移動したりするときに、ルーラを使うとこれらを正確な時間位置に配置することができます。リージョンなどの項目を移動するときにリージョン配置ガイドが表示されるため、トラック領域のほかの項目とそろえやすくなります。

ルーラに表示される単位は、トラック領域のグリッドの値を反映しています。項目をグリッドにスナップする方法について詳しくは、項目をグリッドにスナップするを参照してください。

サイクルモードをオフにすると、サイクルの範囲はルーラの上部に表示されます。

公開日: 2019/08/29
役に立ちましたか?