MacのためのGarageBand: ノートとビートのタイミングを編集する

ノートとビートのタイミングを編集する

Flex Time は、オーディオリージョンのノート、ビート、およびその他のイベントのタイミングを編集するプロセスを簡略化します。トリミング、移動、ナッジ、クロスフェードなどを行わなくても、指定したイベント間の時間を圧縮または伸長できます。

オーディオリージョンで Flex マーカーを使って、ノートとビートのタイミングを編集します。オーディオエディタで、編集したい波形の特定のポイントに Flex マーカーを追加します。波形の頂点(トランジェントと呼ばれます)をクリックすると Flex マーカーが追加され、このマーカーを使って波形のその部分を移動することで、ビートまたはほかのトラックのイベントにそろえることができます。前のトランジェント、および次のトランジェントにも Flex マーカーが追加されます。

オーディオリージョンに Flex マーカーを追加したら、これらの Flex マーカーを使ってオーディオ素材をタイムストレッチ(圧縮または伸長)できます。タイムストレッチが行われる範囲は、前後の Flex マーカーとの間、または前後に Flex マーカーがない場合はリージョンの開始位置と終了位置との間になります。

Flex Time をオンにする

オーディオエディタで、以下のいずれかの操作を行います:

  • オーディオエディタのインスペクタで「Flex を有効にする」チェックボックスを選択します。

  • オーディオエディタのメニューバーで「Flex を表示/隠す」ボタン 「Flex を表示/隠す」ボタン をクリックします。

「Flex を表示/隠す」ボタンを使用すると、トラックの Flex Time を無効にしなくても Flex Time の編集を非表示にできます。

Flex マーカーを使ってオーディオをタイムストレッチする

  1. オーディオエディタで、波形の編集したいポイントをクリックします。

    クリックした位置、および前と次のトランジェントの位置に Flex マーカーが表示されます。

    図。トランジェントマーカーの上に Flex マーカーが作成されたオーディオリージョン。
  2. 以下のいずれかの操作を行います:

    • Flex マーカーを左にドラッグします。

      オーディオ素材の中で、前の Flex マーカー、前のテンポマーカー、またはリージョンの開始位置までの部分がタイムコンプレッションされます。また、次の Flex マーカーまたは次のテンポマーカー(リージョンの終了位置と一致する場合もあります)までの部分がタイムエクスパンションされます。

      図。Flex マーカーを左に移動する前と移動した後の 2 つのオーディオリージョン。

      左に移動した Flex マーカーが前の Flex マーカーと交差した場合、前の Flex マーカーは前のトランジェントマーカーまで戻ります。この動作により、Flex Time 編集の範囲を左に拡張できます。Flex マーカーがテンポマーカーと交差したときにも同じように動きます。

      図。Flex マーカーを左に移動する前と移動した後の 2 つのオーディオリージョン。移動した Flex マーカーが前の Flex マーカーと重なっている。
    • Flex マーカーを右にドラッグします。

      オーディオ素材の中で、前の Flex マーカー、前のテンポマーカー、またはリージョンの開始位置までの部分がタイムエクスパンションされます。また、次の Flex マーカーまたは次のテンポマーカー(リージョンの終了位置と一致する場合もあります)までの部分がタイムコンプレッションされます。

      右に移動した Flex マーカーが次の Flex マーカーと交差した場合、次の Flex マーカーは次のトランジェントマーカーまで進みます。この動作により、Flex Time 編集の範囲を右に拡張できます。Flex マーカーがテンポマーカーと交差したときにも同じように動きます。

公開日: 2019/11/20
役に立ちましたか?