MacのためのGarageBand: 複数のソフトウェア音源トラックに録音する

複数のソフトウェア音源トラックに録音する

複数のソフトウェア音源トラックに同時に録音できます。複数のオーディオトラックに録音するには、各トラックの「録音可能」ボタン を表示しておく必要があります。「録音可能」ボタンによって、複数のソフトウェア音源トラックが MIDI を同時に受け取れる状態になります。

録音中に Smart Control 領域のノブやその他のコントロールを動かすと、その調整内容がリージョンベースのオートメーションとして記録されます。ピアノ・ロール・エディタでオートメーションを使用すると、後で Smart Control の記録を編集できます。

注記: トラックを録音可能にすると、入力をモニタリングすることもできます。

複数のソフトウェア音源トラックに同時に録音する

  1. 「トラック」>「トラックヘッダを設定」と選択します。トラックヘッダを右クリックする、または Option + T キーを押すこともできます。「トラックヘッダ設定」ダイアログで、「録音可能」を選択します。

    図。「トラックヘッダ設定」ダイアログ。

    「録音可能」がすでに選択されている場合は、この手順を飛ばしてください。

  2. 録音先にしたいトラックごとに、トラックヘッダの録音可能ボタン 録音可能ボタン をクリックします。

  3. 録音を開始したいルーラ内の位置に再生ヘッドを移動させます。

  4. メトロノームを設定し、カウントインして録音中の規則的なビートを聞きます。

  5. コントロールバーの「録音」ボタン 「録音」ボタン をクリックして(または R キーを押して)、録音を開始します。

  6. MIDI キーボード、「ミュージックタイピング」ウインドウ、オンスクリーンキーボードのいずれかを使って、ノートを再生します。希望のサイクル回数を録音します。

    録音が可能なトラックごとに新しい MIDI リージョンが表示されます。

  7. 録音を停止するには、コントロールバーの「停止」ボタン 「停止」ボタン をクリックします(またはスペースバーを押します)。

公開日: 2019/08/29
役に立ちましたか?