MacのためのGarageBand: スコアエディタで音を編集する

スコアエディタで音を編集する

スコアエディタで音を選択して、さまざまな方法で編集できます。音を選択したときは、スコアエディタのインスペクタに「ノート」と表示され、コントロールの変更内容が選択中の音に適用されます。音を選択していないときは、スコアエディタのインスペクタに「リージョン」と表示され、変更内容が選択中のリージョンに適用されます。

スコアエディタで音を選択する

以下のいずれかの操作を行います:

  • 符頭をクリックします。

  • 複数の音を選択するには、Shift キーを押しながらクリックするか、音の周囲をドラッグしてそれらの音を囲みます。

リージョン内のすべての音を選択する

  • 「編集」>「すべてを選択」と選択します(または Command + A キーを押します)。

表示されているすべての音が選択されます。

スコアエディタで音を移動する

  • 音を 1 つまたは複数選択し、左右にドラッグします。

スコアエディタで音をコピーする

以下のいずれかの操作を行います:

  • Option キーを押しながら、符頭を新しい位置にドラッグします。

  • 1 つまたは複数の音を選択し、「編集」>「コピー」と選択します(または Command + C キーを押します)。

    「編集」>「ペースト」と選択すると(または Command + V キーを押すと)、音が再生ヘッド位置にペーストされます。

音のピッチを変更する

スコアエディタで音のピッチを変更(トランスポーズ)できます。これは、メロディ、リズムパート、またはその他の音のパターンを別のピッチで再使用する場合に特に便利です。

以下のいずれかの操作を行います:

  • 音を上下にドラッグします。

  • 音を選択し、Option +↑キーを押すとピッチが半音単位で上がり、Option +↓キーを押すとピッチが半音単位で下がります。

  • 音を選択し、Option + Shift +↑キーを押すとピッチがオクターブ単位で上がり、Option + Shift +↓キーを押すとピッチがオクターブ単位で下がります。

「トランスポーズ」スライダを使って、リージョン全体をトランスポーズすることもできます。詳しくは、ピアノ・ロール・エディタでリージョンをトランスポーズするを参照してください。

音の長さを変更する

  • 1 つまたは複数の音を選択して、音の継続時間バーの右端を左右にドラッグします。

音のベロシティを変更する

  • 音を選択して、スコアエディタのインスペクタにある「ベロシティ」スライダを左右にドラッグします。

ベロシティは、録音時に鍵盤がどのくらい強く打たれたかを表します。多くの場合、再生時の音量に対応しますが、ほかのパラメータを制御することもできます。

スコアエディタで音を削除する

  • 音を選択し、「編集」>「削除」と選択します(または Delete キーを押します)。

スコアエディタでは、音とペダル記号だけが削除されます。MIDI コントローラ情報(ピッチベンドのデータなど)は、それらのデータが記録された音を削除した場合でも、削除されません。

公開日: 2019/08/29
役に立ちましたか?