MacのためのGarageBand: ピアノ・ロール・エディタでリージョンをトランスポーズする

ピアノ・ロール・エディタでリージョンをトランスポーズする

MIDI リージョン内のノートのピッチを別のキーに変更(トランスポーズ)できます。これは、メロディ、リズムパート、またはその他の音のパターンを別のピッチで再使用する場合に特に便利です。

選択した MIDI リージョンをトランスポーズする

  1. トラック領域で、補正するリージョンを選択します。

  2. ピアノ・ロール・エディタのインスペクタで「リージョン」タブが選択されていることを確認します。

  3. 「トランスポーズ」スライダを左または右にドラッグするとリージョンが半音単位でトランスポーズされます。

    図。ピアノ・ロール・エディタのインスペクタの「リージョン」タブと「トランスポーズ」スライダ

リージョンをトランスポーズするときに、音源のサウンドがその音源の自然な音域を越えてしまうなど、予期しない結果になることがあります。トランスポーズ後のサウンドが希望通りにならなかった場合は、リージョンを 1 オクターブ上または下にトランスポーズして、適切なサウンドが得られるかどうかを確認してみてください。

トランスポーズは、リージョン全体に適用されます。ノートを個別にトランスポーズするには、ピアノ・ロール・エディタでノートを上方向または下方向にドラッグします。

公開日: 2019/08/29
役に立ちましたか?