MacのためのGarageBand: AirDrop を使用して曲を送信する

AirDrop を使用して曲を送信する

AirDrop を使えば、近くにいる人にワイヤレスですばやく曲を送信できます。

近くにある別の Mac に曲を送信する

  1. 近くにあるほかの Macs を確認するには、Wi-Fi を入にして、Finder ウインドウのサイドバーにある AirDrop アイコンをクリックします。受信者もその Mac で Wi-Fi を入にして AirDrop アイコンをクリックする必要があります。

    近くにいる人のユーザピクチャとコンピュータ名は、「AirDrop」ウインドウに表示されます。

  2. 「GarageBand」で、「共有」>「AirDrop」と選択します。

  3. 「AirDrop」ダイアログで、以下の操作を行います:

    図。「AirDrop」ダイアログ。
    • プロジェクトを共有してほかの Mac 上の「GarageBand」で開いて編集できるようにしたい場合は、プロジェクトを選択します。

      オーディオ関連のすべての設定は使用できません。

    • ミックスダウンしたオーディオファイルを共有して「iTunes」や .m4a ファイル対応アプリケーションで開いて再生できるようにしたい場合は、曲を選択します。

      以下の設定を編集できます:

      • 「タイトル」フィールドに新しい名前を入力します。

      • 「音質」ポップアップメニューからオーディオフォーマットを選択します。

      • プロジェクト全体をバウンスするか、サイクル範囲または選択した領域の長さに基づいてプロジェクトの一部のみをバウンスするかを選択します。

  4. 「共有」をクリックします。

  5. 表示される共有シートで受信者を選択します。

  6. 「送信」をクリックします。

    受信者がファイル転送を承諾すると、その受信者の「ダウンロード」フォルダにプロジェクトまたは曲が転送されます。

公開日: 2019/08/29
役に立ちましたか?