Logic Pro X: 「クオンタイズ」メニューを使ってFlexが有効なオーディオトラックのタイミングを調整する

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
「クオンタイズ」メニューを使ってFlexが有効なオーディオトラックのタイミングを調整する

リージョンパラメータボックスに用意されているクオンタイズ機能を使うと、個々のFlexマーカーを調整せずに1つのオーディオトラックまたはオーディオトラックのグループのタイミングを調整できます。グループ内の複数のトラックをクオンタイズするときは、特定のトラックをクオンタイズのリファレンストラックつまり「Qリファレンス」として選択できます。これは、ドラムグループで一般的に最も一定のリズムを刻むキックトラックとスネアトラックをリファレンストラックにしてドラムキット全体をクオンタイズするときに便利です。

オーディオトラックのタイミングをクオンタイズする

Flexを有効にしたオーディオトラックでは、特定の時間グリッドに一致するようにオーディオのタイミングを調整できます。詳しくは、リージョンのクオンタイズに関するセクションを参照してください。

  • リージョンインスペクタで「クオンタイズ」ポップアップメニューから値を選択します。

    図。リージョンインスペクタの「クオンタイズ」ポップアップメニュー。

複数のオーディオトラックのタイミングをクオンタイズする

複数のオーディオトラックをクオンタイズするには、「Logic Pro」のグループ機能を使用する必要があります。この機能を使用するには、「詳細ツールを表示」を選択します。

  1. クオンタイズするオーディオトラックをすべて選択して、グループを作成します。詳しくは、ミキサーグループを操作するを参照してください。グループ設定ウインドウで、「編集(選択部分)」と「クオンタイズロック(オーディオ)」の両方を選択します。

    図。「編集」と「クオンタイズロック(オーディオ)」が選択された「グループ」メニュー。
  2. グループのクオンタイズリファレンスにしたいトラックの「Qリファレンス」ボタンをクリックします。

    図。「Qリファレンス」ボタンが表示されたトラックヘッダ。
  3. グループ内のいずれかのトラックのリージョンインスペクタで「クオンタイズ」ポップアップメニューから値を選択します。

    図。リージョンインスペクタの「クオンタイズ」ポップアップメニュー。

クオンタイズ後にグループ内の特定のトラックのオーディオ全体またはその一部のタイミングをさらに修正したい場合は、グループを一時的に無効にし、Flexマーカーを使って目的の部分だけを調整できます。グループを無効にする方法については、ミキサーグループを操作するを参照してください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?