GarageBand for iOS (iPad): Live Loops グリッドで作業する

Live Loops グリッドで作業する

Live Loops グリッドは、音楽のアイデアを録音、再生、編集する場所です。グリッドはセルで構成されています。セルを空にしておくことも、セルにデータを入れることもできます。セルには、Touch Instrument の録音、ループ、またはオーディオファイルを入れることができます。個々のセルの再生を別々に開始および停止することも、選択した複数のセルの再生を同時に開始することもできます。

グリッドでは、セルはに沿って並べられています。トラック表示と同様、行ごとに同じ Touch Instrument が使われます。また、同時に再生できるのは行内の 1 つのセルのみです。列内のセルはそれぞれ長さ(持続時間)を変えることができます。列内のセルを個別に再生することも、列の一番下にあるトリガーを使い、列内のすべてのセルの再生を同時に開始することもできます。

グリッドでのセルの再生などのアクションは、現在のタイムスナップ設定に従います。タイムスナップによって、音楽的に意味のある時間位置(拍または小節)から変更が開始されるので、変更対象のセルとその他のセルとの同期が保たれます。グリッドでの作業中も、タイムスナップの値の設定と変更ができます。

グリッドのタイムスナップの値を設定する

  • グリッドの右上隅にあるタイムスナップの値をタップし、ポップアップメニューからタイムスナップの値を選択します。タイムスナップの値をタップし、スワイプして選択するという操作は、1 つの動きで行うことができます。

タイムスナップをオフにする

  • タイムスナップの値として「オフ」を選択します。

グリッドを拡大する/縮小する

以下のいずれかの操作を行います:

  • 行のヘッダをピンチします。

  • 列のトリガーをピンチします。

セル編集がオンになっているときは、グリッドを直接ピンチして拡大または縮小できます。

グリッドをスクロールする

  • 隠れているトラックを表示する:行のヘッダを縦方向にスワイプします。

  • グリッドの別の部分を表示する:列のトリガーを横方向にスワイプします。

セル編集がオンになっているときは、セルをタッチして押さえたままにし、横方向または縦方向にスワイプすると、グリッドの別の部分が表示されます。

公開日: 2018/08/14
役に立ちましたか?