GarageBand for iOS (iPad): 曲をリミックスする

曲をリミックスする

トラック領域または Live Loops グリッドで、「GarageBand」の曲をリアルタイムでリミックスできます。Remix FX を使うと、ターンテーブルを使う DJ のように曲をスクラッチミックスしたり、曲を逆再生したり、曲を停止またはダウンサンプリングしたり、さまざまなリミックスエフェクトを使用したりできます。

図。Remix FX が表示されたトラック領域。

Remix FX には、各種エフェクトの操作に使用できるボタンのセットと XY パッドが含まれています。中央に並ぶ 3 つのボタンは、逆再生、スクラッチ、およびテープ停止です。2 つの縦のスライダは、Gater と Downsampler です。XY パッド用に選択できるエフェクトには、「Filter」、「Wobble」、「Orbit」、「Repeater」、「Reverb」、および「Delay」エフェクトがあります。

ジャイロコントロールを使って、デバイスのモーションセンサーで XY パッドを操作することもできます。また、FX ロックを使うとエフェクトがロックされ、指を放してもサウンドを保持できます。

リミックスを録音したら、トラック表示でほかのリージョンと同様に Remix FX リージョンを編集できます。ロックしたエフェクトを使って作成された Remix FX リージョンをカットまたは短縮すると、ロックされたエフェクトはリージョンの終了位置で切られ、リミックスを再生すると次のリージョンの開始位置から再開します。

Remix FX のコントロールを開く

  • コントロールバーで、「FX」ボタンをタップします。

    Remix FX を閉じるには、「FX」ボタンをもう一度タップします。

ジャイロコントロールをオンにする

  • XY パッドの上にあるジャイロ・コントロール・ボタン をタップします。

エフェクトをロックする

  • 一方の XY パッドの上にある FX ロックボタン をタップします。

    エフェクトのロックを解除するには、「RESET」ボタンをタップするか、「FX」ボタンをダブルタップします。

リミックスを録音する

  1. 各 XY パッドで、その XY パッドで使うエフェクトをタップします。

  2. 録音ボタンをタップします。

  3. 曲の演奏に合わせて、Remix FX のボタンや XY パッドなどのコントロールを使います。

    トラック領域の下部にある FX トラックに、変更内容を示す紫色のリージョンが表示されます。

  4. 録音が完了したら、再生ボタンをタップして録音を停止します。

曲の再生時に Remix FX をバイパスする

  1. トラック表示で、トラックヘッダを右にドラッグしてトラックコントロールを表示します。

  2. FX トラックで、オン/オフボタン オン/オフボタン をタップして Remix FX をバイパスします。

    再度 Remix FX が聞こえるようにするには、オン/オフボタンをもう一度タップします。

1 つ以上のトラックを FX トラックと結合することもできます。FX トラックに録音されたエフェクトが新しい Audio Recorder トラックに追加され、FX トラックがオフになります(したがって、エフェクトは新しいトラックのみで聞こえます)。トラックの結合方法については、トラックを結合するを参照してください。

公開日: 2018/08/14
役に立ちましたか?