GarageBand for iOS (iPad): Touch Instrument を録音する

Touch Instrument を録音する

Touch Instrument の演奏を録音して、GarageBand の曲で再生したり使用したりできます。Touch Instrument を録音すると、トラック表示の音源トラックのリージョンに録音が表示されます。トラック表示で、録音を編集したりアレンジしたりできます。

Inter-App Audio を使用して、「GarageBand」にデバイス上のほかの音楽 App を録音することもできます。こうした音楽 App には音源とエフェクトの両方が含まれます。

「Audiobus」を購入してお使いのデバイスにインストールしてある場合は、「Audiobus」を使用して、デバイス上のほかの音楽 App から「GarageBand」に録音できます。「Audiobus」から Audio Recorder、Amp、または Sampler トラックに録音できます。

「Audiobus」で App を接続するときは、「GarageBand」は出力としてのみ使用できます。入力およびエフェクトには使用できません。

Touch Instrument を録音する

  1. コントロールバーの録音ボタン 録音ボタン をタップします。

    録音ボタンとルーラ。録音されたリージョンが表示されています

    録音は再生ヘッドの現在位置から開始されます。ルーラに、録音中の領域が赤で表示されます。

  2. Touch Instrument を演奏します(Audio Recorder や Amp の場合は歌うか演奏します)。

    演奏したノートのほか、ノブやスライダなどのコントロールに対する変更内容も録音されます。

  3. 録音が完了したら、コントロールバーの再生ボタン 再生ボタン をタップします。

    新しい録音がルーラ内にリージョンとして表示されます。

ステレオ入力を備えたデバイスを使って、Audio Recorder、Sampler、Amp の録音をする場合は、入力ボタン 入力ボタン をタップしてからステレオ信号の右側、左側を録音するかどうかを選択できます。複数のチャンネルを備えたオーディオインターフェイスを使用している場合は、入力チャンネルを選択できます。Audio Recorder の場合は、フルステレオ信号を録音できます。

「録音」をタップすると、現在の Touch Instrument の録音が再生ヘッドの位置から開始されます。同じトラックに存在する以前の録音(ルーラに青色または緑色の領域で表示されます)は、新しい録音で置き換えられます。既存の部分に上書きで録音したくない場合は、再生ヘッドを別の領域に移動してから録音を開始してください。

Drums Touch Instrument を録音すると、新しい録音がそのトラックの既存の領域に結合されます。トラックコントロールを使って、結合をオフにできます。

複数の Touch Instrument を同時に録音する

2 つ以上の Touch Instrument を同時に録音できます。マルチ・チャンネルのオーディオインターフェイスがデバイスに接続されている場合は、1 つの Touch Instrument と、別の複数の Audio Recorder か Amp の Touch Instrument を一緒に録音できます。オーディオインターフェイスを使わない場合は、1 つの Touch Instrument と、別の 1 つの Audio Recorder か Amp の Touch Instrument を一緒に録音できます。

  1. マルチトラック録音をオンにするには、曲の設定ボタン 曲の設定ボタン をタップし、「詳細」をタップしてから、「マルチトラック録音」スイッチをタップします。

  2. コントロールバーのトラック表示ボタン トラック表示ボタン をタップします。

  3. トラックヘッダを右にドラッグしてトラックコントロールを表示します。

  4. 録音したい各トラックのヘッダにある円形の録音可能ボタン 録音可能ボタン をタップします。

  5. 録音したい各 Audio Recorder または Amp のトラックヘッダをタップし、「入力」をタップしてから、入力チャンネルを選択します。

  6. 準備が整ったら、コントロールバーの録音ボタンをタップして録音を開始します。

  7. 録音が完了したら、コントロールバーの再生ボタン 再生ボタン をタップします。

録音または再生時にメトロノームを使用する

「GarageBand」には、正確なテンポで演奏したり録音したりするのに役立つメトロノームが備わっています。メトロノームにはカウントインが含まれています。録音の開始前にカウントが入り、準備を整えるのに役立ちます。ビジュアルカウントインをオンにすると、メトロノームにカウントインの拍が表示されます。メトロノームのオン/オフは作業中にいつでも切り替えることができます。

  • メトロノームのオン/オフを切り替える:コントロールバーのメトロノームボタン メトロノームボタン をタップします。

曲の設定で、カウントインのオン/オフを切り替えたり、メトロノームのサウンドを変えたり、メトロノームを消音したりできます。

Touch Instrument の録音を直ちに編集する

Touch Instrument を録音した後で、録音したリージョンを直ちに編集することができます。リージョンは、トラック表示に切り替えなくても Touch Instrument で移動、トリム、カット、コピー、ペースト、削除、ループ、または分割できます。

  1. ウインドウ上部(コントロールバーの下)にあるルーラをタッチして押さえたまま、下にドラッグします。

    ルーラにタッチして押さえたままにします

    Touch Instrument の演奏領域が下に移動して、録音したリージョンが表示されます。演奏領域が淡色表示になり、リージョンが表示されている間は音源を演奏できないことが示されます。

    演奏領域が下に移動して、リージョンが表示されます
  2. リージョンをタップして選択します。

    選択したリージョンは、「リージョンを編集する」の手順に従って移動またはトリムできます。

  3. 選択したリージョンをもう一度タップして、編集オプションを表示します。

    リージョンは、「リージョンを編集する」の手順に従ってカット、コピー、ペースト、削除、ループ、または分割できます。

  4. さまざまな Touch Instrument をすばやく切り替えるには、トラックのヘッダで音源のアイコンを上または下にドラッグします。トラックを左または右にスワイプして、隣接するソングセクションに移動することもできます。

  5. リージョンを隠して Touch Instrument に戻るには、音源の演奏領域(リージョンの下にあります)を上にドラッグして戻します。

複数のテイクを録音する

複数のバージョン(テイク)を連続して録音し、その中から最も気に入ったものを選択して編集できます。マルチテイク録音をオンにすると、再生ヘッドをセクションの先頭に戻してやり直すたびに新しいテイクが作成されます。ソングセクションの長さを変更できます。「ソングセクションを使って曲を延長する」を参照してください。

  1. 録音したい音源が含まれているトラックをタップします。

  2. コントロールバーのトラック・コントロール・ボタン トラック・コントロール・ボタン をタップし、「トラック設定」>「録音」とタップしてから「マルチテイク録音」ボタンをタップして、マルチテイク録音をオンにします。

  3. コントロールバーの録音ボタン 録音ボタン をタップすると録音が始まります。

    再生ヘッドをセクションの先頭からやり直すたびに、新しいテイクが作成されます。

  4. 録音が完了したら、新しいリージョンをダブルタップし、「テイク」をタップします。聴きたいテイクをリストから選択します。

  5. テイクを削除するには、以下のいずれかの操作を行います:

    • 個々のテイクを削除する:「編集」をタップし、残したくないテイクを削除します。

    • 選択中のテイク以外のすべてを削除する:残したいテイクをタップしてから、「未使用のテイクを削除」をタップします。

録音が中断するのを防ぐ

Touch Instrument を録音中に、デバイスのほかの App のオーディオイベントのために録音が中断されることがあります。競合するオーディオイベントによる中断を最小限に抑えるには、次の手順を実行します:

  • 機内モードのあるデバイスの場合は、「設定」を開き、このモードがオンになっていることを確認します。

  • 録音を予定している時間に、「カレンダー」などの App(他社製の App を含みます)でアラームが設定されていないことを確認します。

  • 録音中にヘッドフォンやその他の外部デバイスを接続したり、取り外したりしないでください。

  • 録音中にデバイスをコンピュータに接続したり、コンピュータから取り外したりしないでください。

  • 録音中にデバイスを電源に接続したり、電源から取り外したりしないでください。

「Audiobus」を使用してほかの音楽 App から録音する

  1. 「GarageBand」で、Audio Recorder、Amp、または Sampler の Touch Instrument を選択します。

  2. 「Audiobus」App を開き、「GarageBand」を出力に追加します。

  3. 「Audiobus」で入力に追加した App を開きます。

  4. Audiobus 接続パネルで、「GarageBand」をタップしてリモートコントロールを表示してから、録音ボタンをタップします。

  5. 入力 App で、演奏したり、歌ったり、サウンドを作成したりします。

  6. 完了したら、Audiobus 接続パネルのリモートコントロールセクションの再生ボタンをタップするか、録音ボタンをもう一度タップします。

    録音は、Audio Recorder および Amp の Touch Instrument のトラックでは青色のリージョンとして表示され、Sampler の Touch Instrument では新規サンプルとして表示されます。

公開日: 2018/08/14
役に立ちましたか?