GarageBand for iOS (iPad): Amp を使って演奏する

Amp を使って演奏する

エレクトリックギターまたはエレクトリックベースを接続して、非常にリアルなさまざまな種類のアンプサウンドを使って演奏することができます。これらのアンプサウンドには、ギターアンプまたはベースアンプと 1 つ以上のストンプボックスエフェクトが結び付けられます。アンプコントロールの調整やストンプボックスエフェクトの追加により、サウンドをカスタマイズしたり、楽器を視覚的にチューニングしたりできます。

Guitar Amp Touch Instrument

ギターまたはベースのサウンドを選択する

  • 画面の上部にある名前をタップしてから、使いたいサウンドをタップします。 左または右にスワイプして、前または次のサウンドに変更することもできます。

    ギターとベースでサウンドを切り替えるには、「Guitar」または「Bass」をタップします。別のカテゴリのサウンドを表示するには、いずれかのカテゴリ名をタップします。

アンプを変更する

  • アンプを左右にスワイプします。

入力レベルを調整する

ギターまたはベースの演奏中は、入力ボタン Guitar Amp の入力ボタン の円が緑色に点灯して、「GarageBand」が楽器から入力を受信中であることが示されます。演奏するときは、入力ボタンを確認してください。円が赤くなったら、歪みが発生しないように楽器の音量を下げてください。

  1. 入力ボタンをタップしてから、レベルスライダを左または右にドラッグして入力レベルを設定します。

    レベルスライダは、入力ソースがソフトウェアレベルの制御に対応している場合に使用できます。

  2. レベルを自動的に設定するには、レベルスライダの横にある「自動」スイッチをタップします。

  3. 入力デバイスが左右のチャンネルに対応している場合は、「左」または「右」をタップして入力チャンネルを選択します。

不要なノイズを減らす

ノイズゲートを使って、録音時の低レベルの入力ノイズを低減できます。ノイズゲートを使用すると、サウンドが一定の最小レベルを下回ったときにカットされます。

  1. 入力ボタン Guitar Amp の入力ボタン をタップしてから、「ノイズゲート」をオンにします。

  2. 「ノイズゲート」スライダをドラッグして、ノイズをなくすか、許容レベルまで低減させます。

外部デバイスのモニタをオンにする

iPad にエレクトリック音源やオーディオインターフェイスが接続されていると、ノイズゲートコントロールの下に「モニタ」スイッチが表示されます。

  1. 入力ボタン Guitar Amp の入力ボタン をタップします。

  2. 「モニタ」スイッチをタップして、モニタをオンにします。モニタをオフにするには、スイッチをもう一度タップします。

ストンプボックスエフェクトを追加する/置き換える/取り除く

ストンプボックスは 4 つまで追加できます。左方向または右方向にストンプボックスをドラッグすることで、順番を変更できます。

  1. 右上隅にあるストンプボックスボタン Guitar Amp のストンプボックスボタン をタップして、ストンプボックスを表示します。

  2. ストンプボックスを追加するには、空のストンプボックス・スロットをタップしてからストンプボックスを選択します。

    Guitar Amp のストンプボックス編集領域
  3. ストンプボックスを置き換えるには、置き換えたいストンプボックスをタップしてから、新しいストンプボックスを選択します。

  4. ストンプボックスを取り除くには、ストンプボックスを画面の下部にドラッグします。

  5. 右上隅にあるアンプボタン アンプボタン をタップしてアンプコントロールに戻ります。

ストンプボックスのオン/オフを切り替える

  1. 右上隅にあるストンプボックスボタン Guitar Amp のストンプボックスボタン をタップします。

  2. ストンプボックスの丸いオン/オフボタンをタップします。ストンプボックス上の小さく丸い LED(通常は赤色)が点灯していれば、ストンプボックスはオンになっています。

  3. 右上隅にあるアンプボタン アンプボタン をタップしてアンプコントロールに戻ります。

ギターまたはベースをチューニングする

  1. 左上隅にあるチューナーボタン Guitar Amp のチューナーボタン をタップします。

  2. チューニングしたい開放弦を弾いてチューナーを確認します。

    Guitar Amp のチューナー

    弦の音程が低すぎる(フラット)か高すぎる(シャープ)かは、縦の赤い線で示されます。弦のチューニングが合うと、中央の音名が青色に変わります。

  3. チューナーボタンをもう一度タップしてチューナーを閉じます。

カスタムサウンドを保存する

  1. アンプの変更、アンプコントロールの調整、ストンプボックスの追加または削除、ストンプボックスコントロールの調整を行って、既存のアンプサウンドを変更します。

  2. 画面の上部にある名前をタップしてから、「保存」をタップします。

  3. カスタムサウンドの名前を入力し、「Done」をタップします。

    はじめてカスタムサウンドを保存すると、新しい「カスタム」カテゴリがサウンドのアイコンと一緒に表示されます。サウンドの名前を変更したりサウンドを削除したりするには、「編集」をタップしてから、アイコンをタップするか(サウンドの名前を変更する場合)、赤い丸をタップします(サウンドを削除する場合)。

クロストーク防止をオン/オフにする

ギターまたはベースがヘッドフォンポートに接続されているときに、モニタをオンにしていると、クロストークの影響で不要なフィードバックが発生することがあります。「GarageBand」のクロストーク防止によって、クロストークによるフィードバックの発生を防ぐことができます。クロストーク防止が特に役立つのは、ギターアンプまたはベースアンプでゲインを高く設定している場合、またオーバードライブやブーストのストンプボックスを Modern Stack などの高ゲインのアンプと共に使用している場合です。このような場合、クロストークによってフィードバックが発生し、出力レベルが突然高くなって耳障りなことがあります。

クロストーク防止により、モニタをオンにした状態で楽器のサウンドを変更できます。ただし、モニタをオフにするか別のトラックを選択すると、通常のサウンドに戻ります。 クロストーク防止をオフにしてサウンドがどのように変化するかを確認することもできますが、その前に iPad の音量を下げることをお勧めします。

  1. 「GarageBand」を閉じます。

  2. 「設定」App を開き、「GarageBand」を選択してから、「クロストーク防止」をオンまたはオフにします。

公開日: 2018/08/14
役に立ちましたか?