GarageBand for iOS (iPad): コントロールバーを使用する

コントロールバーを使用する

コントロールバーは画面の上部にあります。コントロールバーのコントロールを使って「GarageBand」のさまざまな部分に移動したり、再生、録音、音量を制御したり、ループブラウザ、トラック表示、曲の設定を開いたりできます。

左側のナビゲーションボタンには、以下のボタンが含まれます:

コントロールバー - 左側のセクション
  • 「My Songs」ボタンをタップすると、現在の曲が保存されて「My Songs」ブラウザが開き、そこで曲の作成と保存および曲の共有ができます。

  • ブラウザボタン ブラウザボタン をタップすると、サウンドブラウザが開き、そこで Touch Instrument を選択したり、Live Loops グリッドを開いたりすることができます。

    別の Touch Instrument を選択するには、ブラウザボタンをタッチして押したままにします。

  • トラック表示ボタン 表示ボタン をタップすると、現在の Touch Instrument とトラック表示を切り替えることができます。 曲に含まれる別の Touch Instrument に切り替えるには、このボタンをタッチして押さえたままで Touch Instrument を使用します。 トラック表示ボタンは、トラック表示で最初の Touch Instrument を録音した後に表示されます。

  • グリッドボタン 表示ボタン をタップすると、現在の Touch Instrument と Live Loops グリッドを切り替えることができます。グリッドボタンは、データの入ったセルがグリッド内にある場合に、Touch Instruments およびトラック表示画面に表示されます。

  • トラック・コントロール・ボタン トラック・コントロール・ボタン をタップすると、現在選択しているトラックのトラックコントロールが開きます。

  • 「FX」ボタンをタップすると、Remix FX のコントロールが表示されたり隠されたりします。

  •  「取り消す」ボタン 「取り消す」ボタン は、Touch Instrument を録音するか、トラック表示で変更を加えると表示されます。タップすると、それまでの編集が取り消されます。

中央の曲の再生用コントロール(トランスポートコントロールと呼ばれます)には、以下が含まれます:

コントロールバー - 中央のセクション
  • 「先頭に移動」ボタン 「先頭に移動」ボタン をタップすると、再生ヘッドが曲の先頭に移動します。曲の再生中は、先頭に移動ボタンが停止ボタンになります。

  • 再生ボタン 再生ボタン をタップすると曲の再生が開始されます。現在再生中の場合は、再生が停止します。

  • 録音ボタン 録音ボタン をタップすると、録音が開始されます。録音を停止および再生ヘッドを停止するには、再生ボタンをタップします。

  • マスター音量スライダを使用して、曲全体の音量を変更できます。マスター音量スライダは、iPad のハードウェア音量ボタンでも制御されます。

  • メトロノームボタン メトロノームボタン をタップすると、メトロノームが開始/停止します。

右側のボタンには、以下のボタンが含まれます:

コントロールバー - 右側のセクション
  • ループブラウザボタン ループブラウザボタン をタップすると、ループブラウザが開き、そこでループを検索およびプレビューして曲に追加できます。ループブラウザボタンは、トラック表示でのみ使用できます。

  • 曲の設定ボタン 曲の設定ボタン をタップすると、メトロノーム、テンポ、キー設定などの曲の設定を表示したり編集したりできます。GarageBand ヘルプを開くこともできます。

  • 情報ボタン 情報ボタン をタップすると、現在の Touch Instrument やトラック表示の使いかたのヒントが表示されます。

公開日: 2018/08/14
役に立ちましたか?