GarageBand for iOS (iPhone, iPod touch): はじめよう

はじめよう

最初に「GarageBand」を開くと、サウンドブラウザが表示されて、演奏する Touch Instrument を選択できます。キーボード、ギター、ベース、ドラム、ストリングスなどの種類がある Touch Instrument によって、音楽を簡単に作成できるように設計されています。サウンドブラウザでサウンドライブラリを開いて、追加の Touch Instrument、サウンド、およびループをダウンロードすることもできます。

3D Touch。3D Touch 機能の付いた iPhone では、「GarageBand」アイコンを押し、使用可能なオプションの 1 つを選択すれば、ホーム画面から新しい曲を作成したり、最近開いた曲を開いたりすることができます。

Touch Instrument を選択する

  • サウンドブラウザで、左または右にスワイプして音源を表示し、演奏したい音源をタップします。音源カードの下部にあるボタンをタップすると、コードストリップ、Notes 表示、スケールに直接アクセスできます。また、「その他のサウンド」をタップするとその音源のほかのサウンドが表示されます。

Touch Instrument が表示されます。ほかの音源を選択するには、コントロールバーの左側にあるブラウザボタン Browser button をタップしてサウンドブラウザに戻り、別の音源をタップします。

各 Touch Instrument には、演奏領域とコントロール領域があります。演奏領域では、キー、弦、またはその他の要素にタッチして、メロディ、コード、およびサウンドを演奏できます。コントロール領域では、ノブ、ボタン、その他のコントロールを使って、音源のサウンドを変更できます。 コントロール領域にアクセスするには、コントロールボタン Controls button をタップします。

演奏領域が表示されている Touch Instrument

画面上部のコントロールバーには、ナビゲーションおよび再生用のコントロールがあります。 コントロールバーの下にあるルーラには、演奏時間が小節やビートで表示されます。再生ヘッドはルーラ上を移動して、曲のどの部分を現在演奏しているかを示します。

Touch Instrument が表示されたら、演奏を開始できます。以降のセクションでは、各タイプの Touch Instrument に固有の情報について説明します:

「Live Loops」ボタンをタップすると Live Loops グリッドでの作業を開始できます。

公開日: 2019/08/28
役に立ちましたか?