GarageBand for iOS (iPhone, iPod touch): リージョンを編集する

リージョンを編集する

リージョンは GarageBand の曲を構成する単位です。Touch Instrument を録音するか、Drummer を使用するか、または曲に Apple Loops を追加すると、トラック表示の音源のトラックにリージョンが表示されます。リージョンには 3 種類あります:

  • Audio Recorder と Amp の録音、および読み込んだオーディオファイルを含むリージョンは、青色で表示されます。

  • その他の Touch Instrument のリージョンは、緑色で表示されます。

  • Drummer のリージョンは、黄色で表示されます。

青色のリージョンでは、リージョン内部にオーディオ波形が表示されます。緑色のリージョンでは、サウンドが「GarageBand」によりリアルタイムに生成されます。音はこれらのリージョン内部に長方形で表示されます。黄色のリージョンでは、Drummer の演奏を簡素化して表した波形が表示されます。

曲のテンポまたはキーを変更すると、緑色の Touch Instrument リージョン、黄色の Drummer リージョン、青色の Apple Loops リージョンがすべて、新しいテンポやキーに合わせて変化します。Audio Recorder と Amp の録音、および読み込んだオーディオファイルを含む青いリージョンが、テンポやキーに合わせて変化することはありません。

リージョンを選択して、さまざまな方法で編集できます。

リージョンを選択する

  • 1 つのリージョンを選択する:トラック表示でリージョンをタップします。

    選択したリージョン
  • 複数のリージョンを選択する:以下のいずれかの操作を行います:

    • リージョンをタッチして押さえたままにします。リージョンを押さえたまま、選択したいほかのリージョンをタップします。

    • 連続する複数のリージョンを選択するには、エディタの空白部分をタッチして押さえたまま、選択するリージョンを囲むようにドラッグします。

  • トラック内のすべてのリージョンを選択する:トラックヘッダをタップします。

  • 現在のソングセクション内のすべてのリージョンを選択する:空白領域をタップしてから、「すべてを選択」をタップします。

リージョンをタップすると、その周囲にフレームが表示されます。複数のリージョンを選択すると、最後に選択したリージョンの周囲にフレームが表示されます。フレームが表示されない場合は、リージョンの左端または右端がよく見えるまで拡大/縮小してみてください。

指を離した後で複数選択の内容を編集する場合は、選択内のいずれかのリージョンをタップしてから、未選択のリージョンをタップして選択内容に追加します。または、選択したリージョンをタップして、選択内容から取り除きます。

リージョンを移動する

  • リージョンを時間内の前方または後方に移動する:リージョンを左方向または右方向にドラッグします。リージョンの左端を、ルーラ上の再生を開始したい小節またはビートに揃えます。

  • 同じ Touch Instrument が使われている別のトラックにリージョンを移動する:リージョンを上方向または下方向にドラッグします。Keyboard トラックと Sampler トラックの間や、Audio Recorder トラックと Amp トラックの間にリージョンをドラッグすることもできます。Smart Drums のリージョンを、別の Smart Drums トラックにドラッグすることはできません。

リージョンを移動して別のリージョンに重ねると、「重ねられた」リージョンの重なっている部分が削除されます。

リージョンをトリムする

  • リージョンをタップして、フレームの左端または右端にドラッグします。より正確に編集できるように拡大するには、どちらかの端をタッチして押さえたままにします。

    リージョンが現在ループしている場合は、もう一度タップしてから「トリム」をタップして、左端または右端にドラッグします。

    複数のリージョンが選択されている場合、選択されたすべてのリージョンが同じ量だけトリムされます。

青色のリージョンは、その左端または右端で短くすることができます。ただし、元の長さを超えて長くすることはできません。緑色のリージョンは、どちらかの端で短くしたり長くしたりできます。

リージョンをループする

  1. リージョンをタップして選択します。

  2. リージョンをもう一度タップしてから「ループ」をタップします。

    リージョンは、ソングセクションの最後まで、または同じトラックの次のリージョンの先頭までループします。リージョンの右端をドラッグして、ループする時間を変更できます。

リージョンを分割する

  1. リージョンをタップして選択します。

  2. リージョンをもう一度タップしてから「分割」をタップします。

  3. 分割マーカー(はさみのアイコン)を左または右にドラッグして、リージョンを分割したいポイントに置きます。

    分割マーカーが表示されたリージョン
  4. 分割マーカーを下にドラッグします。

    分割マーカーが下にドラッグされたリージョン

    分割を取り消すには、分割マーカーを下にドラッグする前に、リージョンの外側の任意の場所をタップします。

  5. 分割を複数回実行するには、分割マーカーをリージョンの別の部分に移動し、それぞれの部分で下にドラッグします。

複数のリージョンを結合する

  1. 結合するリージョンが同じトラックにあること、およびそれらのリージョン間に別のリージョンが存在しないことを確認します。

  2. 最初のリージョンをタッチして押さえたまま、ほかの 1 つまたは複数のリージョンをタップします。

    リージョンの色が変化して選択中であることが示されます。また、最後に選択したリージョンの周囲にフレームが表示されます。

  3. 選択したリージョンのいずれかをタップして、「結合」をタップします。

リージョンをカットする/コピーする/削除する

  1. リージョンをタップして選択します。

  2. リージョンをもう一度タップしてから「カット」、「コピー」、または「削除」をタップします。

リージョンをカットすると、クリップボードにリージョンが格納され、別の場所にペーストできるようになります。

リージョンをペーストする

コピーしたリージョンをペーストできます。また、クリップボードへのオーディオのコピーに対応している App からもオーディオファイルをペーストできます。「GarageBand」では、サンプルレートが 44.1 kHz、ビット深度が 16 ビットの非圧縮オーディオファイルがサポートされます。

コピーしたリージョンは、同じ Touch Instrument で別のトラックにペーストできます。Keyboard トラックと Sampler トラックの間や、Audio Recorder トラックと Amp トラックの間にリージョンをペーストすることもできます。Smart Drums のリージョンを、別の Smart Drums トラックにペーストすることはできません。別の App からコピーしたオーディオファイルは、Audio Recorder または Amp のトラックにペーストできます。

  1. リージョンを開始したいポイントに再生ヘッドを移動します。

  2. リージョンをペーストしたいトラックのヘッダをタップしてトラックを選択します。

  3. リージョンをペーストしたいトラックをタップし、「ペースト」をタップします。

    トラック表示の空白領域をタップしてから「ペースト」をタップすることもできます。この場合、リージョンは、現在選択されているトラックにペーストされます。

リージョンの名前を変更する

  1. 名前を変更したいリージョンをタップして選択し、もう一度リージョンをタップします。

  2. 「名前を変更」をタップします。

  3. リージョンの新しい名前を入力して、「完了」をタップします。

「グリッドに沿う」をオフにする

「GarageBand」には、トラック領域のリージョンをルーラの小節、ビート、およびディビジョンに揃えるための「グリッドに沿う」機能が含まれています。「グリッドに沿う」はオフにできます。たとえば、ディビジョンに対応しない詳細な時間位置にオーディオリージョンのビートを揃えるときなど、リージョンをグリッドに関係なく編集する場合です。

リージョンの音を編集している場合も、「グリッドに沿う」をオフにすることでグリッドに関係なく音を編集できます。

  1. ピンチして拡大率を最大にしてから、指を離します。

  2. 再度ピンチして拡大します。

    「グリッドに沿う: オフ」がトラック領域の上部に表示され、「グリッドに沿う」がオフになったことが分かります。

    「グリッドに沿う」をオンに戻すには、ピンチして縮小します。

編集を取り消す/やり直す

リージョンの編集を取り消したりやり直したりできます。また、サウンドの録音や変更など、その他の操作を取り消すこともできます。

  • 取り消す:コントロールバーの「取り消す」ボタン 「取り消す」ボタン をタップします。

  • やり直す:編集を取り消した後で、「取り消す」ボタンをタッチして押さえたままにしてから、「やり直す」をタップします。

公開日: 2019/08/28
役に立ちましたか?