GarageBand for iOS (iPhone, iPod touch): ほかの音楽 App を GarageBand と一緒に使用する

ほかの音楽 App を GarageBand と一緒に使用する

Audio Units 機能拡張または Inter-App Audio App が iPhoneにインストールされている場合は、GarageBand で音源またはエフェクトとして使用できます。

Audio Units 機能拡張または Inter-App Audio App は、App Store あるいは他社ベンダーから購入できます。

Audio Units 音源を追加する

曲に Audio Units 音源を追加して、Keyboard と同様に Touch Instrument として演奏したり録音したりすることができます。Audio Units 音源のカスタムサウンドは、Touch Instrument のサウンドと同じ方法で保存、名前変更、削除できます。

  1. サウンドブラウザで左または右にスワイプし、「External」が表示されたら、「Audio Units 機能拡張」をタップします。

    図。Audio Units 機能拡張が表示されたサウンドブラウザ。
  2. 追加したい音源をタップします。

  3. プリセットボタン プリセットボタン をタップ して、サウンドを読み込み、保存、編集します。

一部の Audio Units 音源には独自のカスタム表示画面があります。その場合は、音源を開いたときにカスタム表示画面が表示されます。コントロール表示ボタン コントロール表示ボタン をタップして、カスタム表示画面と標準の表示画面を切り替えることができます。お使いの iPhone が顔認識に対応している場合は、Audio Units 音源のモジュレーションホイールを Face Control で制御できます。

Audio Units エフェクトを追加する

Audio Units エフェクトを使用して、トラックコントロールのプラグインと同様に、音源のサウンドを変えることができます。

  1. コントロールバーの設定ボタン 設定ボタン をタップし、「トラックコントロール」をタップしてから、「プラグインと EQ」をタップしてから、「編集」をタップします。

  2. 空のプラグインスロットのいずれかでプラグイン追加ボタン プラグイン追加ボタン をタップするか、置き換えたいプラグインの名前をタップします。

  3. Audio Units 機能拡張をタップします。

  4. リスト内のいずれかの Audio Units エフェクトをタップします。

    Audio Units エフェクトがプラグインのリストに追加されます。

  5. Audio Units エフェクトの設定を表示するときは、リストでエフェクトをタップします。

  6. 独自のカスタムプリセットを保存、名称変更、削除するときは、プラグインウインドウの左下にある「プリセット」をタップします。

    Audio Units エフェクトに独自のプリセットが含まれる場合は、「プリセット」の代わりに、その名前が表示されます。

プラグインの使用について詳しくは、Touch Instrument でエフェクトプラグインを使用するを参照してください。

Inter-App Audio 音源を追加する

Inter-App Audio 音源のサウンド出力を曲の Audio Recorder、Amp、または Sampler トラックに録音できます。

以下のいずれかの操作を行います:

  • サウンドブラウザで、「External」>「Inter-App Audio」>「音源」とタップしてから、いずれかの App をタップします。

    図。サウンドブラウザの音楽 App アイコン。
  • Audio Recorder、Amp、または Sampler の Touch Instrument で、入力ボタン 入力ボタン >「Inter-App Audio」とタップし、「音源」サブメニューから App を選択します。

Inter-App Audio エフェクトを追加する

Inter-App Audio エフェクトを使用して、「GarageBand」での録音時に Audio Recorder、Amp、または Sampler の Touch Instrument のサウンドを変更できます。

以下のいずれかの操作を行います:

  • サウンドブラウザで、「External」>「Inter-App Audio」>「エフェクト」とタップしてから、いずれかの App をタップします。

    図。サウンドブラウザの音楽 App アイコン。
  • Audio Recorder、Amp、または Sampler の Touch Instrument で、入力ボタン 入力ボタン >「Inter-App Audio」とタップし、「エフェクト」サブメニューから App を選択します。

Inter-App Audio 音源を使用した演奏を録音する

一部の Inter-App Audio 音源は「GarageBand」の制御に対応しています。App が「GarageBand」の制御に対応している場合、音源 App 内から GarageBand の曲を演奏して録音することができます。

「GarageBand」の制御に対応していない音源 App の場合は、「GarageBand」で録音を開始してから、音源 App に切り替えて演奏します。

録音を開始する前に、ソングセクションの長さを「自動」に設定することをお勧めします。これにより、演奏が終了する前に録音が中断されることがなくなります。

  1. 「GarageBand」で、録音ボタン 録音ボタン をタップして録音を開始します。

  2. App スイッチャーから Inter-App Audio 音源 App を開きます。

  3. Inter-App Audio 音源 App で演奏します。

  4. 演奏が終わったら、App スイッチャーから再度「GarageBand」を開きます。

  5. 「GarageBand」で、停止ボタンをタップして録音を停止します。

「Audiobus」が iPhoneにインストールされている場合は、「Audiobus」を使って iPhone 上のほかのミュージック App を「GarageBand」と一緒に使うこともできます。「Audiobus」の使用方法については、Touch Instrument を録音するを参照してください。

公開日: 2019/08/28
役に立ちましたか?