GarageBand for iOS (iPhone, iPod touch): オーディオファイルや MIDI ファイルを読み込む

オーディオファイルや MIDI ファイルを読み込む

コンピュータからオーディオファイルや MIDI ファイルを読み込んで、「GarageBand」の曲で使用できます。以下の方法があります:

  • オーディファイルを既存の Audio Recorder または Amp トラックに追加する

  • MIDI ファイルを既存のキーボードトラックまたは Drummer トラックに追加する

  • オーディオファイルまたは MIDI ファイルを新しいトラックに追加する

  • 「ファイル」App を使って iCloud Drive または iPhone からオーディオファイルまたは MIDI ファイルを曲に追加する

オーディオファイルを読み込むと、元のフォーマットが異なる場合は、44.1 kHz のサンプルレート、16 ビットの深度のフォーマットに変換されます。読み込んだオーディオファイルは、「GarageBand」で行うテンポ変更には従いません。

マルチトラック MIDI ファイルを読み込んだ場合は、MIDI ファイル内のトラックごとに新しいキーボードトラックが自動的に作成されます。作成されるトラックの合計数が 32 を超えるファイルは読み込めません。マルチトラック MIDI ファイルを Live Loops のセルに追加することはできません。

コンピュータからオーディオファイルや MIDI ファイルを読み込む

  1. コンピュータで、読み込みたいオーディオファイルまたは MIDI ファイルを「iTunes」の「ファイル共有」領域の「GarageBand」に追加します。

  2.  iPhoneの「GarageBand」で、オーディオファイルまたは MIDI ファイル全体を読み込む場合は現在のソングセクションを「自動」に設定します。設定しない場合、現在のソングセクションのサイズに合わせてファイルの一部のみが読み込まれます。

    オーディオファイルまたは MIDI ファイルの読み込み後、ソングセクションを延ばし、リージョンのサイズを変更して再生部分を増やすことができます。

  3. トラック表示ボタン トラック表示ボタン をタップしてトラック表示を開いてから、コントロールバーのループブラウザボタン ループブラウザボタン をタップします。

    オーディオファイルまたは MIDI ファイルを「GarageBand ファイル転送」フォルダに移動するかどうかを尋ねるメッセージが表示されます。

  4. 「ファイルを移動」をタップします。

    ファイルが「GarageBand ファイル転送」フォルダに移動します。

  5. オーディオファイルをプレビューするには、リスト内のファイルをタップします。プレビューの音量は、リストの下部にあるスライダで制御できます。

  6. オーディオファイルまたは MIDI ファイルを左または右にドラッグして、トラック表示を表示します。 ファイルの左端を、ルーラ上の再生を開始したいバーまたはビートに揃えます。

    現在のソングセクションが「自動」に設定されていない場合、オーディオファイルまたは MIDI ファイルから作成された新しいリージョンは、現在のソングセクションの終わりに合わせてトリムされます。ソングセクションを延ばすかテンポを落とし、リージョンのサイズを変更して再生部分を増やすことができます。

「ファイル」App でオーディオファイルや MIDI ファイルを読み込む

  1. オーディオファイルまたは MIDI ファイル全体を読み込む場合は現在のソングセクションを「自動」に設定します。設定しない場合、現在のソングセクションのサイズに合わせてファイルの一部のみが読み込まれます。

    ファイルの読み込み後、ソングセクションを延ばし、リージョンのサイズを変更して再生部分を増やすことができます。

  2. トラック表示ボタン トラック表示ボタン をタップしてトラック表示を開き、コントロールバーのループブラウザボタン ループブラウザボタン をタップしてから、「ファイル」をタップします。

  3. 「“ファイル”から項目をブラウズ」をタップしてから、読み込むオーディオファイルまたは MIDI ファイルを探してタップします。

  4. オーディオファイルをプレビューするには、リスト内のファイルをタップします。プレビューの音量は、リストの下部にあるスライダで制御できます。

  5. オーディオファイルまたは MIDI ファイルを左または右にドラッグして、トラック表示を表示します。 ファイルの左端を、ルーラ上の再生を開始したいバーまたはビートに揃えます。

    現在のソングセクションが「自動」に設定されていない場合、オーディオファイルまたは MIDI ファイルから作成された新しいリージョンは、現在のソングセクションの終わりに合わせてトリムされます。ソングセクションを延ばすかテンポを落とし、リージョンのサイズを変更して再生部分を増やすことができます。

公開日: 2019/08/28
役に立ちましたか?