GarageBand for iOS (iPhone, iPod touch): Smart Drums を演奏する

Smart Drums を演奏する

Smart Drums を使ってドラムフレーズをすばやく作成できます。ドラムをグリッドにドラッグして配置するだけで、各ドラムパートの複雑さや強さを設定できます。ドラムフレーズを録音したら、それを後から変更して変更内容をプレビューしてから、ドラムフレーズを録音し直すことができます。

Smart Drums Touch Instrument

Smart Drums を開く

  • ブラウザボタン ブラウザボタン をタップし、「Drums」までスワイプして、「Smart Drums」ボタンをタップします。

Smart Drums のドラムキットを選択する

  • コントロールバーのナビゲーションボタン ナビゲーションボタン をタップし、「サウンド」ボタンをタップしてから、演奏したいドラムキットをタップします。

    ナビゲーションメニュー

ドラムキット内のドラムをプレビューする

  • グリッドの右側にあるドラムをタップします。

ドラムをグリッドに追加する

  • ドラムをグリッドにドラッグします。

    グリッド内で、ドラムの位置が右側になるほどそのパートが複雑になり、上方になるほど音量が大きくなります。各パートのサウンドが気に入るまで、グリッド内でドラムの位置を調整できます。

    再生を停止するには、パワーボタン Smart Drums のパワーボタン をタップしてオフにします。グリッドを消去するには、「リセット」をタップします。

ドラムフレーズを自動的に作成する

  • グリッドの左側にあるさいころボタン Smart Drums のさいころボタン をタップします。

    さいころボタンを複数回タップして、さまざまなフレーズを試してみることができます。

ドラムフレーズを録音する

ドラムフレーズを作成した後で、そのドラムフレーズを録音して曲で使用できます。

  1. コントロールバーの録音ボタン 録音ボタン をタップします。

  2. ドラムをグリッドにドラッグしたり、ドラムの位置を変えたり、ドラムをグリッドの外にドラッグしたりすると、変更内容がドラムフレーズの一部として録音されます。

  3. 録音が完了したら、コントロールバーの再生ボタン 再生ボタン をタップして録音を停止します。

録音後にドラムフレーズを編集する

ドラムフレーズを録音した後、グリッドには、再生ヘッドの現在の位置に録音されているものが表示されます。たとえば、スネアドラムを第 5 小節から録音していた場合、再生ヘッドを 5 小節目(以降)に移動すると、グリッドにスネアが表示されます。

  • 録音したドラムフレーズを編集することで、録音を変更しなくても変更を試してみることができます。グリッド内でドラムの追加や移動を行うと再生が始まり、その編集内容を聞くことができます。再生を停止するには、パワーボタン Smart Drums のパワーボタン をタップしてオフにします。変更を残す場合は、グループをもう一度録音します。

公開日: 2019/08/28
役に立ちましたか?