GarageBand for iOS (iPhone, iPod touch): Keyboard を演奏する

Keyboard を演奏する

Keyboard Touch Instrument を使用すると、キーをタップしてグランドピアノ、エレクトリックピアノ、オルガン、クラビネット、シンセサイザーなどのさまざまなキーボードを演奏できます。

Keyboard Touch Instrument

キーボードのサウンドを選択したり、キーボードのより高い/低い音階に移動したり、音を持続させたり、キーボードのその他のパラメータを調整したりできます。 Alchemy シンセサウンドには、サウンドをカスタマイズするための一連の拡張コントロールがあります。

以前は Smart Keyboard でしか利用できなかったコードストリップが、すべてのキーボードサウンドで利用できるようになりました。コードストリップを使えば、コード、ベース音、および伴奏を演奏できます。

キーボードのサウンドを選択する

  • コントロールバーのナビゲーションボタン ナビゲーションボタン をタップし、「サウンド」ボタンをタップしてから、演奏したいサウンドをタップします。 別のカテゴリのキーボードサウンドを表示するには、いずれかのカテゴリ名をタップします。

    ナビゲーションメニュー

キーボード上のより高い/低い音階を演奏する

  • 「オクターブ上げる」または「オクターブ下げる」ボタン キーボードの「オクターブ下げる」および「オクターブ上げる」ボタン をタップして、オクターブ単位で上または下に移動します。

キーボードを演奏中に、最も低いキーの左側と最も高いキーの右側の領域をタップしてもサウンドが生成されます。

音を長く持続させる

  • 演奏中に、「Sustain」コントロールをタッチしたまま押さえます。「Sustain」コントロールを右にドラッグしてロックすることもできます。

    オルガンのサウンドには「Sustain」コントロールの代わりに「ROTATION」スイッチがあります。

キーのタッチ感度を調整する

キーボードのタッチ感度は、4 つのレベルのいずれかに調整できます。 タッチ感度を上げると、キーをタップする強さに応じたサウンドの強弱の変化が大きくなります。 タッチ感度をオフにすると、キーをタップする強さに関係なくすべてのサウンドが同じになります。

  1. コントロールバーの設定ボタン 設定ボタン をタップしてから、「トラックコントロール」をタップして、「トラック設定」をタップします。

  2. 「ベロシティ感度」をタップしてから、キーボードで使用したい感度レベルをタップします。

左右にスワイプしてキーボードを演奏する

キーボード上を左右にスワイプして、キーボードをさまざまな方法で制御することができます。デフォルトでは、水平方向にスワイプすると、キーボードの音が滑らかに演奏されます。このスワイプ動作は、「Glissando」ボタンを使って変更が可能です。

  • キーをスワイプしてキーボードのより高い音階またはより低い音階に移動する場合は、このボタンを「Scroll」と表示されるまでタップします。

  • デフォルトの動作に戻るには、「Glissando」と表示されるまでボタンをタップします。

  • 一部の音源(特にシンセサイザー)には、3 番目の設定があります。これらの音源で音の間のスライドをスムーズに行う(これはポルタメントと呼ばれます)には、「Pitch」と表示されるまでボタンをタップします。

サウンドを調整する

エレクトリックピアノ、シンセサイザー、オルガンなど、一部のキーボードサウンドにはノブなどのコントロールがあります。演奏中にこれらのコントロールを使ってサウンドを変更できます。 ノブを使用可能な場合、コントロール領域内にノブと制御対象のサウンドパラメータを示すラベルが表示されます。 Keyboard を録音する際には、コントロールの動きも録音されます。

3D Touch。3D Touch をサポートする iPhone では、演奏中にキーボードのキーを押す強さを変えてサウンドを制御できます。

  • コントロールボタン コントロールボタン をタップしてから、キーボードを演奏中にノブを回して、サウンドがどのように変化するか確認してください。

Alchemy シンセサウンドを調整する

Alchemy シンセサウンドには、追加のパラメータノブ、Transform Pad、XY パッドがあります。  左矢印または右矢印をタップすると、その他の Alchemy シンセコントロールが表示されます。

Alchemy シンセサウンドは、iPod touch 第 6 世代以降、iPhone 6 以降、iPad Air 2 以降、iPad mini 4 以降のデバイスで利用できます。

Transform Pad には、スナップショットと呼ばれる 8 つのセクションがあり、異なる音源サウンド設定が割り当てられています。スナップショットをタップするか、四角いフレームボックスをスナップショット間でドラッグすることで、サウンドを調整できます。フレームボックスがいずれかのスナップショットの上にあるときは、そのスナップショットのサウンドが鳴ります。フレームボックスが複数のスナップショットの上にあるときは、それらのスナップショット間でサウンドが変化する途中の新しいサウンドが作られます。フレームボックスに含まれる面積によって各スナップショットがサウンドに影響する度合いが決まります。

Keyboard Touch Instrument

以下のいずれかの操作を行います:

  • 単一のスナップショットを使って演奏する:スナップショットをタップして、フレームボックスをそのスナップショットの上に置きます。

  • 複数のスナップショット間でサウンドを変化させる:フレームボックスをドラッグして、複数のスナップショットにまたがるようにします。

  • ジャイロコントロールを使ってサウンドを変化させる:キーボードの上にあるジャイロ・コントロール・ボタン ジャイロ・コントロール・ボタン をタップしてから、 iPhone を傾けてフレームボックスを動かします。

2 つの XY パッドでパックをドラッグしてサウンドを調整することもできます。パックの動きに合わせて、各パッドの X 軸と Y 軸に割り当てられたパラメータの値が変化します。

オルガンサウンドを調整する

オルガンのサウンドの場合、「ROTATION」スイッチを使って回転スピーカーエフェクトの速度を制御できます。

  • スピーカーの回転速度を速くする/遅くする: コントロールボタン コントロールボタン をタップしてから、「ROTATION」スイッチを右または左にドラッグします。

Face Control でサウンドを調整する

お使いの iPhone が顔認証に対応している場合は、演奏中に口を動かすことで、一部のキーボードサウンドにビブラート、レゾナンス、その他の変更を加えることができます。

  1.  iPhone を顔から 25 〜 50 cm(10 〜 20 インチ)の位置に置き、Face Control ボタン Face Control ボタン をタップします。

    Face Control をはじめて使うときは、 iPhoneのカメラへのアクセスを許可するよう求められます。

  2. 演奏中に口を開けたり閉じたりすると、サウンドが変わります。

  3. Face Control をオフにするには、再度 Face Control ボタンをタップします。

Alchemy サウンドの演奏中にジャイロコントロールと Face Control を同時に使用することはできません。

注記:「GarageBand」では、ARKit のフェイストラッキング機能によって表情が読み取られ、音源のエフェクトコントロールに反映されます。演奏時は、顔の情報はデバイス上で処理され、音楽だけが記録されます。

特定のスケールを使ってキーボードを演奏する

  • 「Scale」ボタン 「Scale」ボタン をタップしてから、演奏したいスケールをタップします。

    スケールの選択後にキーボードが変化し、キーではなく音のバーが表示されます。バーをタップして、そのスケールの音を演奏します。

キーボードに音のラベルを表示する

キーボードの各キーに音のラベルを表示できます。

  1. 「GarageBand」を閉じます。

  2. 「設定」App を開き、下にスクロールして「GarageBand」をタップします。

  3. 「キーボードの音名ラベル」をタップします。

アルペジオを自動的に演奏する

Keyboard Touch Instrument には、アルペジエータが含まれています。アルペジエータをオンにすると、キーボードで演奏するコードがアルペジオになります(同時に演奏されるのではなく、一度に 1 つの音が演奏されます)。

注記:アルペジエータは、「Arpeggiated」の下に表示される Alchemy シンセサウンドでは利用できません。

  • アルペジエータボタン キーボードのアルペジエータボタン をタップしてから、「実行」スイッチをタップします。

    アルペジエータをオンにすると、その他のコントロールが「実行」スイッチの下に表示されます。これらのコントロールを使って、方向、音値、アルペジオにする音の範囲を設定できます:

    キーボードアルペジエータのコントロール
    • 「音の順番」をタップしてから、アルペジオにする音の方向を選択します。

    • 「音の長さ」をタップしてから、曲のテンポに基づいて、アルペジオにする音の音価を選択します。

    • 「オクターブ範囲」をタップしてから、アルペジオの範囲をオクターブ数で選択します。

    • アルペジエータのコントロールを閉じるには、「完了」をタップします。

アルペジエータがオンになっていると、「Sustain」コントロールは「Latch」コントロールになります。「Latch」コントロールをタッチして押さえたままにするか、ロックすると、現在のアルペジオの演奏が継続されます。別のキーをタップすると、タップした音から現在のアルペジオが開始されます。

コードストリップを使ってキーボードを演奏する

キーボードのコードストリップ
  • コード・ストリップ・ボタン コード・ストリップ・ボタン をタップすると、コードストリップが表示されます。

コードストリップでコードやベース音を演奏する

  • コードの音程を変える:コードストリップの上部 5 つのセグメントのいずれかをタップします。

  • 1 つまたは複数のベース音を演奏する:コードストリップの下部 3 つのセグメントのいずれかをタップします。

  • コードとベース音を同時に演奏する:上部のセグメントと下部のセグメントを同時にタップします。

カスタムコードを追加して演奏することもできます。

伴奏を演奏する

  1. コントロールボタン コントロールボタン をタップしてから、「Autoplay」ノブを回して、いずれかの数字の位置に合わせます。その後、コントロールボタンをもう一度タップします。

  2. いずれかのコードストリップのセグメントをタップします。

    • 上部のセグメント(コード名が表示されています)では、コードとベース音が一緒に演奏されます。

    • 中央のセグメントでは、コードのみが演奏されます。2 本か 3 本の指でタップすると、そのパターンのバリエーションが演奏されます。

    • 下部のセグメントでは、ベース音だけが演奏されます。

    完全なコードストリップにアクセスするには、コントロールボタン コントロールボタン をもう一度タップします。

  3. パターンの演奏を停止するには、セグメントをもう一度タップします。

モノフォニックの(単音しか出せない)キーボードサウンドのコードストリップはセグメントに分割されません。「Autoplay」ノブを回すと、コードストリップをタップしたときに演奏されるパターンが選択されます。別のコードストリップをタップすると、そのコードで同じパターンが演奏されます。

カスタムサウンドを保存する

  1. キーボードコントロールを調整し、既存のキーボードサウンドを変更します。

  2. コントロールバーのナビゲーションボタン ナビゲーションボタン をタップし、「サウンド」ボタンをタップしてから、「保存」をタップします。

  3. カスタムサウンドの名前を入力し、「Done」をタップします。

    はじめてカスタムサウンドを保存すると、新しい「カスタム」カテゴリが表示されます。サウンドの名前を変更したりサウンドを削除したりするには、「編集」をタップしてから、アイコンをタップするか(サウンドの名前を変更する場合)、赤い丸をタップします(サウンドを削除する場合)。

公開日: 2019/08/28
役に立ちましたか?