MainStage: レイアウトを書き出す/読み込む

レイアウトを書き出す/読み込む

レイアウトを書き出し、コンサートとは別に保存して、別のコンサートに読み込むことができます。書き出したレイアウトを別のコンサートに読み込んで、コンサートのマッピングで動作するように調整することもできます。

レイアウトをコンサートに読み込むと、「MainStage」は、レイアウトを分析し、レイアウト内の割り当てとマッピングをコンサートに合わせて変換します。読み込んだ割り当てとマッピングの変換には、以下のルールが適用されます:

  • 読み込んだレイアウトに同じタイプのスクリーンコントロールが存在する場合、スクリーンコントロールはそのスクリーンコントロールに割り当てられ、マップされます。

  • キーボード・スクリーン・コントロールは、キーボード・スクリーン・コントロールにのみ割り当てられます。

  • コンサート内のスクリーンコントロールの配置が、読み込んだレイアウトの配置と似ている場合、スクリーンコントロールは、ワークスペース内の同じ位置にあるスクリーンコントロールに割り当てられ、マップされます。

  • コンサート内のスクリーンコントロールの配置が異なる場合、ワークスペースの左上から右下という順番でスクリーンコントロールが割り当てられ、マップされます。

レイアウトを書き出す

  1. 「レイアウト」モードで、ワークスペースの右上隅にあるアクション・ポップアップ・メニューから「レイアウトを書き出す」を選択します(またはControl+Shift+Command+Sキーを押します)。

  2. 「別名で保存」ダイアログで、レイアウトの名前を入力します。

  3. レイアウトを保存する場所を参照して選択します(またはデフォルトの場所を使用します)。

  4. 「書き出す」をクリックします。

レイアウトをコンサートに読み込む

  1. 「レイアウト」モードで、ワークスペースの左上隅にあるアクション・ポップアップ・メニューから「レイアウトを書き出す」を選択します(またはControl+Command+Oキーを押します)。

  2. 開くダイアログで、読み込むレイアウトを選択します。

  3. 「開く」をクリックします。

    コンサートのレイアウトが、読み込んだレイアウトに変わります。

さまざまなレイアウトが可能なので、レイアウトの違いによっては、割り当ておよびマッピングが思い通りに行かない場合もあります。レイアウトをコンサートに読み込んだら、コンサート内のスクリーンコントロールを試して、予想通りに機能するかどうかを確認してください。レイアウトを読み込んだら、場合によっては、新しいレイアウトで機能するように、一部のコントロールを手作業で割り当て直し、コンサート用にパッチ内のスクリーンコントロールをマップし直す必要があります。読み込んだレイアウトにあるスクリーンコントロールの数が古いレイアウトよりも少ない場合、または読み込んだレイアウトに異なるタイプのスクリーンコントロールがある場合、読み込んだ後に新しいスクリーンコントロールを追加し、フィジカルコントロールをスクリーンコントロールにアサインして、同じレベルの機能を維持する必要があります。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?