Logic Pro X: MIDIキーボードを内蔵サウンドジェネレータから切り離す

MIDIキーボードを内蔵サウンドジェネレータから切り離す

MIDIキーボードにサウンドソースが内蔵されている場合、キーボードから直接サウンドを生成しないようにする必要があります。

たとえば、新しいキーボードを購入し、シーケンサーなしでアンプに接続して使う場合、キーを押すたびにサウンドが生成されます。つまり、キーボードは直接サウンドジェネレータに接続されています。

ただし、「Logic Pro」でMIDIキーボードを使う場合は、できるだけこのような構成にしないでください。この状況では、キーボードはコンピュータの入力デバイスとして使われており、「Logic Pro」は受け取ったパフォーマンス情報をキーボードのサウンドジェネレータ(または、内部のソフトウェア音源や場合によっては別に接続されているサウンドモジュール)に返します。

キーボードと内蔵トーンジェネレータの接続を遮断していない場合、音が二重に発音されます。つまり、キーボード内蔵のトーンジェネレータの再生音と「Logic Pro」経由でトーンジェネレータに返された再生音が鳴ります。

これは、サウンドのずれの原因になるだけでなく、キーボードのトーンジェネレータによるポリフォニーを半減させることにもなります。キーボードで別のサウンドモジュールやソフトウェア音源を制御または録音する場合は、キーボードのサウンド(キーボードとトーンジェネレータの直接接続による)とソフトウェアやMIDI音源のサウンドの両方が聞こえることになります。このため、キーボードを内蔵サウンドジェネレータと切り離す必要があります。

この機能はローカルオフと言い、キーボードで直接設定します。キーボードでトーンジェネレータを使用する機能がなくなっても問題ありません。ほかに接続されている、キーボードのないサウンドモジュールやソフトウェア音源のように、キーボードのトーンジェネレータは「Logic Pro」から制御できます。

注記:キーボードのMIDIメニューにローカルオフ機能が見当たらない場合は、付属のマニュアルのシーケンサーの使用方法に関する説明をご覧ください。一部のキーボードでは、「パート」ごとにローカル、MIDI、両方を選択できます(マルチティンバーMIDIデバイスの各MIDIチャンネル/サウンド)。お使いのキーボードにMIDI設定がある場合は、これがローカルオフ機能に相当します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?