Logic Pro X: マルチチャンネルMIDIデバイスについて

マルチチャンネルMIDIデバイスについて

マルチティンバーMIDIトーンデバイスは、複数のMIDIチャンネルのMIDIデータを同時に受け取ることができます。各MIDIチャンネルは、ピアノ、ストリングス、ベースなどのトーン/サウンドに割り当てることができます。

こうしたマルチティンバーデバイスの機能を最大限に活用するには、デバイスごとに別々のMIDI OUTポート(コンピュータのMIDIインターフェイスからMIDI INポート)を使用する必要があります。以下に例を挙げましょう:

  • 複数のチャンネルのデータを受け取ることができる4台のMIDIデバイスがあるとします。どのデバイスもすべての16 MIDIチャンネルを受け取ることができます。

  • コンピュータのMIDI OUTは1つしかなく、すべてのデバイスはMIDIスルーからMIDI IN接続にデイジーチェーンで接続されています。

「Logic Pro」では、MIDIデータをチャンネル化(MIDIチャンネル1〜16にルーティング)できるほか、チャンネル化したデータを特定のMIDI OUTポートに送信することもできます。上記の場合、使用できるMIDI OUTポートは1つしかありません。

このため、MIDIチャンネル1に送信されるすべてのデータは、デイジーチェーンで接続された4台のMIDIデバイスに送信されます。各デバイスは、受け取ったデータをチャンネル1に割り当てられているサウンドで再生します。

例から分かるように、MIDIは異なるチャンネルに分けることができますが、複数の出力があるMIDIインターフェイスを使わない限り、デバイス間で分けることはできません。出力が1つだけでなく複数あるMIDIインターフェイスを使うと、デバイスごとにMIDIポートを指定できます。MIDIスルー接続がないため、「Logic Pro」では次のように割り当てて送信することができます:

  • MIDIチャンネル1で録音したデータをポートA/モジュール1に送信できる

  • MIDIチャンネル1で録音した別のデータをポートB/モジュール2に送信できる

  • MIDIチャンネル1で録音したさらに別のデータをポートC/モジュール3に、といったように、以降のチャンネルとモジュールにも同様に送信できる

マルチ出力MIDIインターフェイスというのは、MIDIチャンネルが増えた状態と同じです。このシナリオでは、ポート(A、B、C、D)ごとに16チャンネルあるため、独立したMIDIチャンネルが64あるのと同じです。

トーンジェネレータから最大64の異なるサウンドを同時に再生できるだけでなく、各デバイスのチャンネルごとに詳細なMIDI制御が可能になります。これは、音源がたくさん鳴る楽曲でアレンジや編曲を行う場合にますます重要になります。

お使いのコンピュータに複数のMIDI入力が装備されている場合は、ほかのMIDIエクスパンダやコントローラのMIDI出力を接続できます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?