Logic Pro X: スクリーンセットを作成する/呼び出す/切り替える

スクリーンセットを作成する/呼び出す/切り替える

作業スタイルに適したレイアウトでウインドウを配置してください。表示サイズ、拡大/縮小レベル、位置、およびその他の設定を含めて、さまざまなウインドウの現在のレイアウトをスクリーンセットと呼びます。スクリーンセットを定義したら、これを保存しておき、さまざまなコンピュータディスプレイを切り替えるように、異なるスクリーンセットを自由に切り替えることができます。

スクリーンセットには1-99の番号が付けられます(1-9のコンピュータキーだけを使います- 0キーはデフォルトでは「停止」コマンドに割り当てられます)。

スクリーンセットは、明示的なコマンドを使って保存する必要はありません。別のスクリーンセットに切り替えると同時に自動的に保存されます。つまり、現在作業している表示が、常に現在のスクリーンセットとして保存されます。

メタイベントを使って、再生中にスクリーンセットを自動的に切り替えることもできます。

スクリーンセットを作成する

  1. 0以外の数値キー(たとえば7)を押します。

    スクリーンセット番号が2桁の場合は、Controlキーを押しながら、最初の1桁を入力します。

  2. ウインドウを配置します。たとえば、拡大/縮小設定、トラック領域とエディタの関係、インスペクタとブラウザまたはリストエディタ領域を開いておくかどうかなどを変更します。

注記:保存されていないスクリーンセット番号を選択すると、メインウインドウが最大化された状態で開きます。

スクリーンセットを呼び出す/切り替える

以下のいずれかの操作を行います:

  • スクリーンセットの番号(1-9)を入力します。

    スクリーンセット番号が2桁の場合は、Controlキーを押しながら、最初の1桁を入力します。

  • 「スクリーンセット」メニューからスクリーンセットを選択します。

  • 「次のスクリーンセット」または「前のスクリーンセット」キーコマンドを使います。

注記:コンピュータキーボード上の数値キーだけでなく、自由に定義したキーコマンドを使って、スクリーンセット1-9を呼び出すことができます。これによって、ウインドウを開いたり閉じたりなど、別の目的に数値キーを使うことができます。1-9のキーコマンドは、「キーコマンド」ウインドウの「スクリーンセット1を呼び出す」から「スクリーンセット9を呼び出す」に対応します。

再生中にスクリーンセットを切り替える

  1. メタイベントを挿入するMIDIリージョンを選択します。

  2. スクリーンセットを変更したいポイントに再生ヘッドを設定します。

  3. イベントリストで「作成」ボタンをクリックし、「メタイベント」ボタンをクリックします。

    挿入したメタイベントのデフォルト値は50(Project Select)です。

  4. 「番号」列の数字を50から49に変更します。

    これによって、名前がスクリーンセットに変わります。

    図。スクリーンセットのメタイベントが表示されているイベントリスト。
  5. 「値」列にスクリーンセット番号を入力します。

メタイベント49が含まれるMIDIリージョンをミュートすることで、スクリーンセットの切り替えを停止できます。

イベントリストの使いかたについて詳しくは、イベントリストの概要を参照してください。メタイベントについて詳しくは、メタイベントを参照してください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?