Logic Pro X: リンクモードを使ってウインドウの関係を制御する

リンクモードを使ってウインドウの関係を制御する

「詳細」環境設定パネルで「追加オプション」の「詳細編集」が選択されている場合は、ウインドウ(トラック領域、ピアノ・ロール・エディタ、スコアエディタ、イベントリストなど)を個別にリンクまたはリンク解除して、表示されるものの関係を制御できます。たとえば、2つのイベントリストを、1つにアレンジリージョンを表示し、もう1つにその内容を表示するように設定することで、1つ目のイベントリストでリージョンをクリックすると、2つ目のイベントリストの内容がアップデートされるようにできます。

図。「キャッチ」ボタンと「リンク」ボタン。

リンク・モード・オプション(「オフ」、「同じレベル」、および「コンテンツ」)により、関連するエディタウインドウで作業するときに情報をどのように表示するかを制御できます。

リンクモードを設定する

  • 「表示」>「リンク」と選択して、以下のいずれかを選択します:

    • オフ: ほかのウインドウとのリンクを解除します。

    • 同じレベル: これを選択すると、エディタウインドウにはキーフォーカスのあるウインドウと同じ内容が常に表示され、キーフォーカスのあるウインドウが変化するたびにアップデートされます。たとえば、キーフォーカスがスコアエディタにある場合、「同じレベル」リンクモードでは、イベントリストにスコアエディタと同じデータが表示されます(もちろん数値で)。

    • コンテンツ: これを選択すると、エディタウインドウにはキーフォーカスのあるウインドウで選択したリージョンの内容が常に表示されます。この場合、表示レベルは常に、最上位ウインドウより1つ下のレベルになります。たとえば、トラック領域がアクティブウインドウの場合、選択したMIDIリージョンのイベントが、開いているMIDIエディタに表示されます。1つのトラック領域で「コンテンツ」リンクモードを使用して、別のトラック領域のフォルダ内容を表示することもできます。

ピアノ・ロール・エディタとスコアエディタにも「リンク」ボタンがあり、このボタンを使ってリンクモードを設定したり現在のリンクモードを表示したりできます。

  • ピアノ・ロール・エディタ: 「リンク」ボタンは「コンテンツ」に設定されているときは黄色です。「同じレベル」は利用できません。

  • スコアエディタ: 「リンク」ボタンは、リンクモードが「同じレベル」に設定されているときは紫色、「コンテンツ」に設定されているときは黄色です。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?