Logic Pro X: 表示レベル間を移動する

表示レベル間を移動する

Logic Proプロジェクトのウインドウには、いくつかの表示レベルがあります。トラック領域が一番上のレベル、エディタは通常一番下のレベルです。プロジェクト全体をアレンジしたり、フォルダの内容を編集したり、個々のリージョンを調整したりなど、さまざまな種類の作業を異なるレベルで行うことができます。多くの場合、別のウインドウを開いたりアクセスしたりしなくても、別のレベルに直接切り替えることができます。

1つ上の表示レベルに移動する

以下のいずれかの操作を行います:

  • ウインドウの左上隅にある「表示レベル」ボタン をクリックします。

  • ウインドウの背景領域をダブルクリックします。

ピアノ・ロール・エディタおよびステップエディタでは、上位の表示階層に移動すると、トラック領域内のすべてのリージョンのイベントが表示されます。

イベントリストで「表示レベル」ボタンをクリックすると、1つ上の表示階層レベルに移動します。表示はほとんど変わりませんが、個々のイベントのリストではなく、リージョンのリストがリージョンの位置、名前、トラック番号、長さと一緒に表示されます。編集したばかりのMIDIリージョンが、リージョン名のリスト内で選択されています。

スコアエディタでは、「表示レベル」ボタンをクリックすると、上位の表示レベルになります。譜表(空のポイント)をダブルクリックすると、下位の表示レベルに戻ります。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?