Logic Pro X: 詳細ツールおよび追加オプション

詳細ツールおよび追加オプション

「Logic Pro X」は、これまでの「Logic Pro」が持つパワーと柔軟性を受け継ぎながら、いくつかの機能の有効/無効を自分で選択できるため、より効率的に作業ができるようになっています。

「Logic Pro」(8または9)または「Logic Express」(8または9)からアップグレードした場合は、詳細ツールと追加オプションがデフォルトで有効になります。また、既存のプロジェクトを「Logic Pro X」で開くと、プロジェクトで使用されている追加オプションが自動的に有効になります。

「Logic Pro」をはじめて使う場合は、基本機能と簡素なインターフェイスで始めることができます。特に、GarageBandを使いなれている場合は、GarageBandのほとんどすべての機能と共通していることに気付くことでしょう。

詳細ツールを表示する

「詳細ツールを表示」を有効にすると、「Logic Pro」のすべての音楽制作機能が使用可能になります。標準的な音楽制作に必要なすべてのウインドウ、表示、メニュー、およびキーコマンドをApp内で利用できます。

詳細ツールを有効にするには、「詳細」環境設定パネルで「詳細ツールを表示」を選択します。詳細ツールを有効にすると、以下の操作ができるようになります(追加オプションは無効の場合):

ユーザインターフェイス

  • イベントリスト、マーカーリスト、テンポリスト、キー/拍子リストを利用する。

  • プロジェクト・オーディオ・ブラウザと「すべてのファイル」ブラウザを利用する。

  • ステップエディタ(以前のHyper Editor)を使用してMIDIイベントをグラフィカルに編集する。

  • コントロールバーおよびツールバーにボタンやコントロールを追加してカスタマイズする。

  • マーカー、キー/拍子、ビートマッピングのグローバルトラックを利用する。

  • 「キーコマンド」ウインドウでキーコマンドをカスタマイズする。

  • 追加の環境設定およびプロジェクト設定を利用する。

  • トラック領域で追加のトラック・ヘッダ・コントロールを利用する: 「オン/オフ」ボタン、「隠す」ボタン、「保護」ボタン、トラック番号、カラーバー。

編集

  • リアルタイムでMIDI録音する代わりに、ステップインプット録音機能を使用してMIDIイベントを手動で入力する。

  • MIDIリージョンをスタンダードMIDIファイルとして書き出す。

  • 追加の録音機能を使用する: クイックパンチイン、詳細録音コマンド、録音時のテイクの自動色分け。

  • ドラムの置き換えとダブリング機能を使用する。

ミキシング

  • ミキサーの表示を切り替える。

  • 追加のチャンネル・ストリップ・コントロールを利用する: ゲイン・リダクション・メーター、EQディスプレイ、グループスロット、「オートメーションモード」ボタン。

スコア

  • 複数のトラックを表示および編集する。

  • 追加のスコア表示オプションを使用する。

  • パーツボックスから音符や記号を追加する。

  • 歌詞やその他のテキストを追加する。

  • 譜表スタイルやスコアセットをカスタマイズする。

  • スコアのレイアウトを編集する。

プロジェクト

  • 複数のプロジェクトを開いて作業する。

  • プロジェクトの別バージョン(代替バージョン)を管理する。

  • プロジェクトを自動保存バージョン(バックアップ)に戻す。

  • 素材をプロジェクト内に保存するか、プロジェクトフォルダとサブフォルダにタイプ別に保存するかを選択する。

追加オプション

「詳細ツールを表示」を選択すると、さらに高度な機能を提供する追加オプションが利用可能になります。追加オプションは、行う作業のタイプに合わせて個別に選択できます。「詳細」環境設定パネルで「詳細ツールを表示」が選択されているときは、以下の追加オプションも表示されます:

  • オーディオ: オーディオ・ファイル・エディタで、オーディオファイルの破壊編集および高度な構成を行います。

  • サラウンド: サラウンド・スピーカー・システムでサラウンド機能(ミキサー内)を使用します。

  • MIDI: エンバイロメントで、MIDI信号フローを制御し、MIDIデータをリアルタイムで処理します。

  • スコア: スコアエディタで追加機能を使用します。個々のリージョンに譜表スタイルを割り当てたり、コードグリッドを作成したりします。

  • コントロールサーフェス: コントロール・サーフェス・アサインメントを作成/編集します。

  • 詳細編集: テンポインタープリタやエイリアス作成などの詳細編集機能を使用します。

(必要な詳細機能が見つからないときは、「詳細」環境設定パネルを開き、「詳細ツールを表示」チェックボックスを選択してから、必要なオプションを選択して有効にしてください。)

「Logic Pro X」にアップグレードすると、既存のプロジェクトで使用されている追加オプションは、プロジェクトを開いたときにデフォルトで有効になります。

「詳細ツールを表示」を有効にする

  1. 「Logic Pro」>「環境設定」>「詳細」と選択します。

  2. 「詳細ツールを表示」チェックボックスを選択します。

追加オプションを有効にする

  1. 「Logic Pro」>「環境設定」>「詳細」と選択します。

  2. 使用したい追加オプションを個別に選択します。

一部の機能は、「詳細ツールを表示」が有効になっているとき、または対応する「追加オプション」のチェックボックスが選択されているときにのみ表示されます。「詳細ツールを表示」が選択されているときにのみ作成または編集できる機能(Track Stackなど)がプロジェクトで使用されている場合、その機能を使用している項目は「詳細ツールを表示」が無効のときでも再生されます。

「Logic Proヘルプ」では、「詳細ツールを表示」の選択が必要な機能に のアイコンが付いています。「詳細ツールを表示」の選択が必要な機能には のアイコンが付いています。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?