Logic Pro X: ループブラウザのインターフェイス

ループブラウザのインターフェイス

ループブラウザでは、Apple Loopsを見つけてプロジェクトに追加する操作を簡単に行うことができます。さまざまな条件でループをブラウズまたは検索したり、条件に一致するループをプレビューしたり、トラック領域にドラッグすることでプロジェクトに追加したりできます。

図。ループブラウザ。
  • 「表示」ボタン: カラム表示、ボタン表示、またはサウンドエフェクト表示を切り替えます。

  • 「表示」ポップアップメニュー: 表示するループを選択します。使用可能なすべてのループを表示することも、Jam Packまたはユーザのループライブラリでループを絞り込むこともできます。

  • 検索フィールド: テキストを入力して、ループを名前で検索します。

  • キーワードボタン: キーワードボタンをクリックすることで、ループを絞り込みます。条件に一致するループが下の結果リストに表示されます。

  • 「カテゴリ」列: 左から右にカテゴリとサブカテゴリを選択することで、ループを絞り込みます。条件に一致するループが下の結果リストに表示されます。

  • 結果リスト: 検索条件に一致するすべてのループが表示されます。ループをクリックするとプレビューされます。ループを結果リストからトラック領域にドラッグすると、プロジェクトに追加されます。

  • 「音量」スライダ: プレビューしているループの音量を調整できます。

ループブラウザを開く

以下のいずれかの操作を行います:

  • コントロールバーの「ループブラウザ」ボタン をクリックします。

  • 「表示」>「Apple Loopsを表示」と選択します。

ループブラウザの使いかたについて詳しくは、Apple Loopsとはを参照してください

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?