Logic Pro X: ステップエディタのインターフェイス

ステップエディタのインターフェイス

ステップエディタでは、ユーザ定義のタイムグリッドに、選択したMIDIリージョンのノートイベントまたはコントローライベントが縦棒で表示されます。ノートベロシティなどのコントローラデータを簡単に追加または編集できるので、データスケーリングなどの編集作業をすばやく行うことができ、MIDIドラムパートをすばやく作成/編集できます。

図。ステップエディタ。
  • レーンパラメータ: 表示または変更するイベントのタイプを決定します。名前列の行を選択すると、そのイベント定義がレーンインスペクタに表示されます。

  • MIDIイベント: 時間グリッドで縦棒で表現されます。コントローラ値やノートベロシティなどの値は、縦棒の長さで示されます(縦棒が長いほど、値が高くなります)。

ステップエディタを開く

  • トラック領域でMIDIリージョンを選択してから、「ステップエディタ」をクリックします。

ステップエディタを別のウインドウで開く

  • 「ウインドウ」>「ステップエディタを開く」と選択します。

ステップエディタの使いかたについて詳しくは、ステップエディタの概要を参照してください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?