Logic Pro X: Drummerエディタのインターフェイス

Drummerエディタのインターフェイス

プロジェクトにDrummerトラックを追加する場合は、DrummerエディタでDrummerトラックおよびリージョンのパラメータを表示/編集できます。

Drummerエディタには、選択した Drummerリージョンの設定(プリセットなど)、リージョン演奏の複雑さや音量を調整するためのX/Yパッド、および演奏パラメータを編集するためのコントロール(キットピースのパターンバリエーションやフィル設定など)が表示されます。

Drummerトラックが選択されているときは、「ライブラリ」にジャンルが表示されます。ジャンルを選択すると、そのジャンルのドラマーが表示され、ドラマーを選択できます。

図。Drummerエディタ。
  • ジャンルとドラマー: ジャンルを選択すると、そのジャンルのドラマーが表示されます。その中から、トラックに使用するドラマーを選択します。

  • Drummerプリセット: 選択したDrummerリージョン用のプリセットを選択します。プリセットはすべてのリージョン設定から成っており、設定はプリセット領域の右に表示されます。デフォルトの設定を使用することも、設定を編集して自分自身のプリセットを保存することもできます。

  • X/Yパッド: リージョン演奏の複雑さや音量を調整します。

  • ドラム・キット・コントロール: さまざまな楽器をオンにして、ドラムおよびパーカッションピースのさまざまなバリエーションから選択します。キックとスネアをハーフタイムまたはダブルタイムで演奏するというオプションもあります。

  • パフォーマンスコントロール: フィルの数と長さを調整するときは、「フィル」ノブを使います。リージョン演奏のシャッフル感を調整するときは、「スウィング」ノブを使います。「詳細」ボタンをクリックすると、追加のパフォーマンスコントロールが表示されます。

Drummerエディタを開く

以下のいずれかの操作を行います:

  • Drummerトラックで Drummerリージョンをダブルクリックします。

  • Drummerトラックで1つ以上の Drummerリージョンを選択し、コントロールバーの「エディタ」ボタン をクリックします。

  • Drummerトラックを選択し、「エディタ」ボタン をクリックします。

Drummerエディタはトラック領域の下に開きます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?