Logic Pro X: ピアノ・ロール・エディタのインターフェイス

ピアノ・ロール・エディタのインターフェイス

ピアノ・ロール・エディタでは、MIDIリージョン内のノートが時間グリッド上に長方形で表示されます。グリッド上の各ノートの位置には、再生の開始時間位置、その継続時間(長さ)、およびピッチが表示されます。ノートベロシティは色で示されます。

ノートは個別に編集できます。移動したり、サイズを変更したり、上下にドラッグしてピッチを変更したり、さまざまな方法で編集できます。

図。ピアノ・ロール・エディタ。
  • ピアノ・ロール・エディタのメニューバー: リージョンを編集するコマンドと機能が含まれるメニューと、編集ツールを選択したり、エディタを拡大/縮小したりするためのボタンが表示されます。

  • ピアノ・ロール・エディタのインスペクタ: ノートのタイミングをクオンタイズしたり、ノートのピッチやベロシティを調整したりするためのコントロールが表示されます。

  • ディスプレイ領域: MIDIリージョンまたはリージョン内のノートが時間グリッド上の横棒として表示されます。

  • ルーラ: ノートを正確な時間位置に合わせたり編集したりできるように、時間区分が表示されます。

  • 再生ヘッド: 現在の再生位置を示します。

ピアノ・ロール・エディタを開く

以下のいずれかの操作を行います:

  • トラック領域でMIDIリージョンをダブルクリックします。

    ピアノ・ロール・エディタを開くためのこのデフォルト動作は、「Logic Pro」>「環境設定」>「一般」で変更できます。

  • ソフトウェア音源トラックまたは外部音源トラックを選択してから、コントロールバーの「エディタ」ボタン をクリックします。

  • ソフトウェア音源トラックまたは外部音源トラックを選択してから、「表示」>「エディタを表示」と選択します。

ピアノ・ロール・エディタを別のウインドウで開く

  • 「ウインドウ」>「ピアノロールを開く」と選択します(またはCommand+4キーを押します)。

ピアノ・ロール・エディタの使いかたについて詳しくは、ピアノ・ロール・エディタの概要を参照してください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?