Logic Pro X: オーディオ・トラック・エディタのインターフェイス

オーディオ・トラック・エディタのインターフェイス

オーディオ・トラック・エディタには、オーディオトラック上のリージョンのオーディオ波形が表示されます。オーディオ・トラック・エディタでは、オーディオリージョンをコピー、ペースト、移動、トリム、分割、および結合できます。オーディオ・トラック・エディタ・グリッドを使用して、編集内容を高い精度で特定の時間位置に合わせることができます。

図。オーディオ・トラック・エディタ。
  • オーディオ・トラック・エディタのメニューバー: リージョンを編集するコマンドと機能が含まれるメニューと、Flex編集したり、編集ツールを選択したり、エディタを拡大/縮小したりするためのボタンが表示されます。

  • オーディオ・トラック・エディタのインスペクタ: Flex Pitchがオンのとき、時間やピッチをクオンタイズしたり、ピッチを補正したり、ゲインを調整したりするためのコントロールが表示されます。

  • 波形ディスプレイ: リージョンのオーディオ波形が時間グリッド上に表示されます。

  • ルーラ: リージョンを正確な時間位置に合わせたり編集したりできるように、時間区分が表示されます。

  • 再生ヘッド: 現在の再生位置を示します。

Flex Pitchがオンのとき、オーディオ・トラック・エディタのインスペクタでオーディオリージョンのタイミングやピッチをクオンタイズしたり、ピッチやゲインを調整したりできます。オーディオ・トラック・エディタでの編集はすべて非破壊的であるため、いつでも元の録音内容に戻ることができます。

オーディオ・トラック・エディタを開く

以下のいずれかの操作を行います:

  • トラック領域でオーディオリージョンをダブルクリックします。

  • オーディオトラックを選択してから、コントロールバーの「エディタ」ボタン をクリックします。

  • オーディオトラックを選択し、「表示」>「エディタを表示」と選択します。

オーディオ・トラック・エディタの使いかたについて詳しくは、オーディオ・トラック・エディタの概要を参照してください。Flex Time編集とFlex Pitch編集について詳しくは、Flex TimeとFlex Pitchの概要を参照してください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?